IEEE802.11-2012: 5.2.2.2 Semantics of the service primitive

プリミティブのパラメータは次のとおりです。

MA-UNITDATA.request(
source address,
destination address,
routing information,
data,
priority,
service class
)

送信元アドレス(SA)パラメータは、MSDUが転送され、そこからサブレイヤエンティティの個々のMACサブレイヤアドレスを指定する。

宛先アドレス(DA)のパラメータは、個人またはグループのMAC副層エンティティアドレスのいずれかを指定します。

ルーティング情報パラメータは、データ転送(null値がソースルーティングを使用しないであることを示す)が、所望の経路を指定する。 IEEE標準802.11の場合は、ルーティング情報パラメータはnullでなければならない。

データパラメータは、MACサブレイヤのエンティティによって送信するMSDUを指定する。 IEEE標準802.11の場合は、MSDUの長さより小さいか2304の八重奏と等しいものでなければならない。

優先度パラメータは、データ転送部に対して所望の優先順位を指定する。優先度の許容値は、5.1.1.4で説明されています。

サービス·クラス·パラメータは、データ転送部に対して所望のサービスクラスを指定する。サービスクラスの許容値は、5.1.1.5および5.1.3で説明されています。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ