IEEE802.11:5.2.2 MA-UNITDATA.request

5.2.2.4 Effect of receipt

このプリミティブを受信すると、 MACサブレイヤのエンティティは、要求されたパラメータに従って、要求を満たすことができるか否かを判定する。要求されたパラメータに応じて満たすことができない要求は破棄され、このアクションは、MACが要求を満たすことができなかった理由を説明しているMA- UNITDATASTATUS.indicationプリミティブを使用してのLLC副層エンティティに表示されます。要求は要求されたパラメータに応じて満たすことができる場合、MAC副層エンティティが追加指定されたすべてのMACフィールド( DA 、 SA、 FCS 、およびIEEE標準802.11に固有のすべてのフィールドを含む) 、下位層に適切にフォーマットされたフレームを渡すピアMACサブレイヤ·エンティティ( 5.1.4を参照) 、そして成功に設定し送信状態でMA- UNITDATA - STATUS.indicationプリミティブを使用してのLLC副層エンティティに、このアクションを示していますへの転送のために。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPで真である、 MA- UNITDATA.requestプリミティブ持つ個別にアドレス宛先アドレスの受信と競合またはContentionFreeの優先順位により、 APのMACサブレイヤはレートがでdot11NonAPStationMaxAuthBestEffortRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならないdot11InterworkingEntryは、送信するフレームの宛先MACアドレスによって識別される。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。

- メカニズムを制限速度がフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBestEffort - MSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- 率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBestEffort - MSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPで優先度が0〜7 、以下の範囲内の整数であるためにMA- UNITDATA.requestプリミティブ持つ個別にアドレス宛先アドレスの受信時に、真である場合、 APのMACサブレイヤは導出しなければならない表9-1にマッピングを使用して、優先順位からカテゴリにアクセスします。 APのMACサブレイヤは、送信するフレームの宛先MACアドレスによって識別dot11InterworkingEntryより次のMIB変数を取得し、次の操作を実行しなければならない。

- アクセスカテゴリがAC_VOであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthVoiceRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。速度制限機構がフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationVoiceMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationVoiceOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedVoiceMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedVoiceOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリはAC_VIであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthVideoRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationVideoMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationVideoOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedVideoMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedVideoOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリがAC_BEであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthBestEffortRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBestEffortMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBestEffortMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリがAC_BKであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthBackgroundRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBackgroundMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBackgroundOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBackgroundMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBackgroundOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPの優先度8〜15 、以下の範囲内の整数であるMA- UNITDATA.request持つプリミティブ個別にアドレス宛先アドレスの受信時に、真である場合、 APのMACサブレイヤはレートが制限を実行しなければならないdot11NonAPStationAuthMaxHCCAHEMMRateにおけるリソース使用率の制限を強制する、レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。

- レート制限メカニズムがフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationHCCAHEMMMSDUCountは1ずつ増加するものとし、 dot11NonAPStationHCCAHEMMOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- 機構破棄フレームレート制限は、次にdot11NonAPStationDroppedHCCAHEMMMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedHCCAHEMMOctetCountがMSDUのオクテット数だけインクリメントされなければならない場合。

5.2.2.3 When generated

MSDUは、ピアLLCサブレイヤ·エンティティに転送する際にこのプリミティブは、LLCサブレイヤのエンティティによって生成される。

5.2.2.2 Semantics of the service primitive

プリミティブのパラメータは次のとおりです。

MA-UNITDATA.request(
source address,
destination address,
routing information,
data,
priority,
service class
)

送信元アドレス(SA)パラメータは、MSDUが転送され、そこからサブレイヤエンティティの個々のMACサブレイヤアドレスを指定する。

宛先アドレス(DA)のパラメータは、個人またはグループのMAC副層エンティティアドレスのいずれかを指定します。

ルーティング情報パラメータは、データ転送(null値がソースルーティングを使用しないであることを示す)が、所望の経路を指定する。 IEEE標準802.11の場合は、ルーティング情報パラメータはnullでなければならない。

データパラメータは、MACサブレイヤのエンティティによって送信するMSDUを指定する。 IEEE標準802.11の場合は、MSDUの長さより小さいか2304の八重奏と等しいものでなければならない。

優先度パラメータは、データ転送部に対して所望の優先順位を指定する。優先度の許容値は、5.1.1.4で説明されています。

サービス·クラス·パラメータは、データ転送部に対して所望のサービスクラスを指定する。サービスクラスの許容値は、5.1.1.5および5.1.3で説明されています。

5.2.2.1 Function

単一ピアLLC副層エンティティ、またはグループアドレスの場合で複数のピアのLLC副層エンティティに対してローカルのLLC副層エンティティからMSDUのこの原始的な要求が転送。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ