IEEE802.11-2012: 5.1.5 MAC data service architecture

MACデータプレーンアーキテクチャ(すなわち、全部又は一部のMSDUの輸送を伴うプロセス)図5-1に示されている。 MSDU率が集約MSDU(A-MSDU)凝集、パワーセーブモード、シーケンス番号の割り当て、断片化、暗号化、完全性保護、フレームフォーマット中にフレーム送達延期、限定的な送信中に、MSDUは、以下の処理の一部または全部を通過および集約MACプロトコルデータユニット(A-MPDU)アグリゲーション。 IEEE標準802.1X-2004は、制御ポートでMSDUをブロックすることがあります。ある時点で、MSDUの全部または一部を含むデータフレームは、AC/ TSごとにキューイングされる。

受信時は、受信したデータフレームは、可能なA-MPDU脱凝集、MPDUヘッダおよび巡回冗長符号(CRC)の検証、重複除去可能な並べ換えブロックAckの機構が使用される場合、復号化、デフラグ、完全性検査、および再生の処理を通過する検出。可能な再生検出(又はセキュリティが使用されていない場合の最適化)、-MSDU脱凝集、および可能MSDUのレート制限した後、一又は複数のMSDUは、MAC_SAPまたはDSに送達される。制御ポートが有効になっていない場合、IEEE802.1X非制御/制御ポートは、受信したMSDUを破棄し、MSDUは、IEEE802.1Xフレームを表していない場合。強化されたデータの暗号化、カプセル化メカニズムによって設けたフレームの注文執行は、復号化後に、しかし前MSDUのデフラグに発生します。のMPDUが故障して到着する場合、したがって、デフラグは失敗します。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ