IEEE802.11-2012: 5.1.3 MSDU ordering

特定のケースでのMACサブレイヤの許可が提供するサービス、そして5月には、たMSDUの並べ替えが必要になります。

非QoSのSTAで、MACは意図的に指定した受信者STA (S)の現在の操作( "パワーマネジメント、 " FMS 、 DMS)モードに基づいて成功した配信の可能性を改善する必要があるかもしれないとして除いたMSDUの順序を変更しない。この並べ替え(もしあれば)の唯一の効果は、任意の単一のSTAのMACサービスインターフェイスで受信されたMSDUのセットのために、単一のソースから発信され、個別に対処されたMSDUに相対たMSDU取り組むグループの配信順序の変化、あるSTAアドレス。データサービスを使用して、より高い層のプロトコルは、このリオーダリングが可能に耐えることができない場合は、任意のStrictlyOrderedサービス·クラスが使用されるべきである。 StrictlyOrderedサービスクラスを使用して無線局の任意のペアの間で転送されたMSDUはReorderableGroupAddressedサービスクラスを使用する場合に可能である相対的な並べ替えの対象にはなりません。しかし、のMSDUを受信するための欲求がSTAにStrictlyOrderedサービス·クラスを使用して送信されたSTAにおけるMAC電力管理機能の同時使用を妨げる。

BSSで動作したQoSのSTAで、 QoSAckとQoSNoAckとして指定された2つのサービスクラスは、 (詳細については5.1.1.5を参照)があります。 MSDUが、指定された受信者STA (複数可)の現在の動作モードに基づいて成功した配信の可能性を向上させるためだけでなく、並べ替えられるだけでなく、個々のMA- UNITDATA.requestプリミティブで指定された優先度パラメータを、称えるためにたMSDU 。任意の単一のSTAのMACサービスインターフェイスで受信されたMSDUのセットについては、この並べ替えの効果は(もしあれば) 、以下のとおりです。

イ)グループの配信順序の変更は、個別に対処されたMSDUに相対たMSDU対処
b)は異なるTID値を持つたMSDUの並べ替え、単一のソースSTAアドレスから発信され、
c)は、グループの並べ替えは同じTIDが、異なるサービスクラスでのMSDUを取り上げた。

そこに同じTID値を個別にアドレスされたMSDUのない並べ替えすることなく、同一の宛先に宛てたものとします。

非QoSのBSSで動作STAが並べ替えは、非QoSのSTA用に定義された規則に従わなければならない。

正常に動作するMACためには、 DSは、 ISO / IEC 15802-1:1995の要件を満たす必要がある。

たMSDUの適切な順序を提供し、運用制限は9.8で指定されます。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ