IEEE802.11:5.1.1 Data service

QoSの無線局では、MACサービスプリミティブ(5.2参照)内のサービス·クラス·パラメータの値がQoSAck又はQoSNoAckの整数以外の値であってもよい。

MSDUはMAC_SAPから受信者と受信者のSTAはに設定されたサービスクラスにQoSをSTAであるされている場合

- QoSAck、MSDUはQoSデータどちらノーマルACK(正常応答)を設定されたQoS制御フィールドにAckをポリシーサブフィールドを持つフレームまたはブロックACKを使用して送信されます。
- QoSNoAck、MSDUはどんなACKに設定されたQoS制御フィールドにAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレーム(無承認)を使用して送信されます。送信側STAがAPに含まれているとフレームDA基を有する場合には、MSDUは、送信のためにバッファリングされ、またDSに送られる。

MSDUがMAC_SAPから受信したSTAと受信者がQoS STAでないされると、MSDUは、非QoSデータフレームを用いて送信される。

QoSデータフレームは、別のSTAから受信すると、MA-UNITDATA.indicationプリミティブのサービスクラス·パラメータは次のように設定されている

- QoSAck、フレームがノーマルACKまたはブロックAckのいずれかに等しいQoS制御フィールドのAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレームである場合。
- QoSNoAck、フレームはありませんAckのに等しいQoS制御フィールドのAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレームである場合。 DAパラメータはグループアドレスである場合、このサービス·クラスにも使用される。

非QoSデータフレームをSTAから受信すると、MA-UNITDATA.indicationプリミティブのサービスクラス·パラメータは次のように設定されている

- QoSAck、フレームが個別にアドレスフレームですとSTAによって確認された場合。
- QoSNoAckは、フレームがある場合は、グループは、フレームに対処し、STAによって確認されていません。

グループは非QoSのSTAによって送信されたフレームを扱っていることに注意がMA-UNITDATA.indicationプリミティブにおけるサービスクラスパラメータの値にかかわらず認められていません。
MACサービスプリミティブ内の優先度パラメータ( 5.2を参照)の値が競合するかContentionFreeのいずれかの整数以外の値であってもよいし、 0 〜15の範囲内の任意の整数値とすることができる。

優先度パラメータは、整数値を有する場合には、配信すると、 WMを越えたQoSデータの配信を制御するために使用される特定のフレームに表示されるTIDサブフィールドで使用されている。

PriorityパラメーターとTIDサブフィールド値0〜7は、 MSDUのためのUPSとして解釈されます。 UP値は0〜7での発信のMSDUをUPに従ってSTAにおいてMACエンティティによって処理されます。

PriorityパラメーターとTIDサブフィールド値8〜15はまた、 TSの識別子( TSIDs )であるのTIDを指定して、 TIDで指定されたTSのためのTSPECを選択します。優先度パラメータ値8〜15での発信のMSDUは、選択されたTSPECにおけるUPサブフィールドだけでなく、他のパラメータ値から決定UP値に応じて、無線局におけるMACエンティティによって処理される。 MSDUが8 〜15となるための優先順位の値で到着すると定義されたTSPECはありません、その後MSDUは0に設定された優先度パラメータで送信されなければならない。

priorityパラメータの非整数値は、すべての非QoSのSTAにおいて許可されています。 ContentionFreeの優先順位の値を使用することは、QoSのSTAで推奨されていません。 priorityパラメータ(すなわち、 TID )の整数値は、いずれか一方のみインフラストラクチャのQoS BSSまたはQoSのIBSSのメンバーに関連付けられているQoSのSTAにおいてサポートされています。 0〜15の範囲では、QoS BSSに関連付けられたQoS STAによって支持され、 0〜7の範囲がQoSのIBSSのメンバーでのQoS STAによって支持される一方。 QoSのSTAが非QoSのBSSに関連付けられている場合は、 STAは非QoSのSTAとして機能している、優先順位の値は、常に競合またはContentionFreeですので。

で競合の優先順位とQoSのBSS 、たMSDUに関連付けられたQoSのSTAは、 TID 0とされたMSDUと同等とみなされ、ポイントコーディネーター(PC )の中に存在する場合ContentionFreeの優先順位を持つものが競合無料配信を使用して配信されますAP 。 PCが存在しない場合、 ContentionFreeの優先順位のMSDUは、0からUP用いて送達されなければならない。非QoSのBSSに関連したSTAにおいて、整数の優先度を持つすべてのMSDUは、競合の優先順位を持つのMSDUと同等とみなされます。

STAは、 QoSのBSSに関連付けられている場合、それはQoSデータフレーム内で受信されたMSDUは、そのフレームのMACヘッダに含まれるTID値で報告されている。彼らはCFPの間に受信している場合、彼らは、 CP 、またはContentionFree中に受信された場合などのSTAが非QoSデータフレーム内で受け取るのMSDUは、競合の優先順位でLLCに報告されます。
個別APに宛てフレームは以下のようにすることができる受信:

それらは無競合期間(CFP)の間に受信された場合、それらは、競合期間(CP)、またはContentionFree中に受信された場合a)はAPは、それらの競合の優先度への非QoSのサブタイプ、割り当てるものとした場合である。
B)のQoSサブタイプは、その場合にはAPが直接0〜7のTID値に対するQoS制御フィールドにTIDからUP値を推測しなければならない。 8〜15のTID値に関連付けられているAPはTSPEC内または該当する関連TCLASでUPフィールド(トラフィック分類)要素からTS InfoフィールドのサブフィールドでUP UP値を抽出しなければならない。

QoSをAPがDSに受け取ったMSDUとUPを実現。

5.1.1.2 Determination of UP

のQoS機能は、UPSと呼ばれる8つのプライオリティ値を、サポートしています。 UPが取り得る値は0〜7の整数値であり、IEEE 802.1Dプライオリティタグと同一である。特定のUPとMSDUは、そのUPでトラフィックカテゴリ(TC)に属していると言われています。 UPはUPパラメータで指定されたTSPECにおけるUPパラメータに媒体アクセス制御サービスアクセスポイント(MAC_SAP)直接、または間接的に各MSDUが設けられている。

5.1.1.1 General

このサービスは、交換のMSDUする能力を持つピアLLCエンティティを提供します。このサービスをサポートするために、ローカルMACは、それがピアLLCに配信され、ピアMACエンティティへのMSDUを輸送するために、基礎となるPHYレベルのサービスを使用しています。このような非同期MSDU輸送はコネクションレス基づいて行われる。デフォルトでは、 MSDU輸送がベストエフォートである。しかし、 QoSの施設ごとのMSDUごとに差別化されたサービスを指定するには、トラフィック識別子( TID )を使用します。のQoS機能ものTSpecを使用して、コネクション指向ベースで支持されるように多くの同期動作を可能にします。提出MSDUが正常に配信されるという保証はありません。グループでは、トランスポートがMACによって提供されるデータサービスの一部で取り上げた。 WMの特性のため、グループはMSDUが個別に扱われたMSDUのそれと比べて低いQoSを、発生する可能性があります対処。すべてのSTAは、データサービスをサポートしていますが、 QoSのBSSで唯一のQoS STAは、指定されたトラフィックカテゴリまたは個々のMSDUのトラフィックストリーム(TS)によると彼らのMSDUの配信を区別する。

MACの特定の機能の動作が非QoSの無線局において、以下でより詳細に説明するいくつかのMSDU 、の並び替えを引き起こす可能性があるため、データサービス内の2つのサービスクラスがあります。希望するサービスクラスを選択することにより、たMSDUの転送を開始する各LLCエンティティは、MACエンティティがそれらのMSDUの順序を変更することはできませんされているかどうかを制御することができる。

QoSAckとQoSNoAck : QoSのSTAで利用できる2つのサービスクラスがあります。サービス·クラスは、 MSDUが、またはMACレベルの確認応答を使用せずに伝送される場合に通知するために使用される。

どちらBSSまたはIBSS内のメンバーシップを持っていることに関連付けられたQoSのSTAで、MACはBSSでUP下段たMSDU前に送信されるようにBSSでたMSDU UP高い引き起こす傾向にある一連のルールを使用しています。 MACサブレイヤエンティティはそれらのMSDU付属TID値に基づいたMSDUは、UPSを決定します。 TSPECは、 MACサブレイヤ管理エンティティを介して、 TSのために提供されている場合、 MACは、 TSPECに含まれるQoSパラメータ値に応じて、そのTSに属するたMSDUを提供しようとする。

QoSの機能と非QoSをSTAにMSDUを提供する上で、 QoSの機能をサポートしていない他の人を支援するいくつかのSTAとBSSは、QoS STAはUP MSDUのに対応するアクセスカテゴリ(AC )を使用します。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ