IEEE802.11:4.9 Reference model

4.9.2 Interworking reference model

MAC状態総称コンバージェンス機能(MSGCF)は、MACステートマシンと層の間の相互作用に基づいて、より高い層のプロトコルにサービスを提供しています。

機能を織り込むことは、複数の管理エンティティからの情報を関連付ける必要がある場合があります。これは、より高い層のエンティティの情報を相関させるMSGCFの関数である。 MSGCFはMLMEとSMEの間、およびPLMEとSMEの間の相互作用を観察する。 lowerlayer MLMEとPLMEイベントの相関後、MSGCFは、上位レイヤエンティティに指示を合成することがあります。

図4-15は、異種のメディアをサポートして、MACおよびPHYサブレイヤ管理エンティティへの暴露を介してすべての管理情報へのアクセス権を持っている6.4で定義されているエンティティ、MSGCFを、示しており、このようなモビリティ·マネージャーとして、より高いレベルのエンティティに管理情報を提供モビリティ。

これらのより高い層のエンティティにMSGCFインターフェイスは、mediaindependentによって提供される方法の例は、IEEE802.21から2008で定義されている(MIH)インターフェースを、ハンドオーバ。

MSGCFは、単一のESSを含むのBSSの集合を非AP STAの接続の状態を提供するように設計される。図4-16は、ESSリンクの概念を示しています。これは、特定のアクセスポイントの独立したESSへの接続の状態を反映している。図4-16では、STA3はAP1かAP2のどちらかに関連付けられています。 STA3はESSを備えるAPのいずれかに関連付けられている場合ESSリンクの状態がアップしている。

4.9.1 General

データリンク層のMAC(DLL)とPHY:この標準は、2つの主要な部分にシステムの分離を強調し、建築図を示す。これらの層は、開放型システム間相互接続(OSI)(1994 ISO / IEC7498-1)のISO / IEC基本参照モデルの下位層に密接に対応することを意図している。この規格に記述層およびサブレイヤは、図4-14に示されている。

IEEE802.1Xサプリカント/認証し、図4-14に示されていない中小企業との間のインタフェースがあります。このインタフェースは、IEEE規格802.1X-2004で説明されています。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ