IEEE802.11:4.5.5 Spectrum management services

4.5.9 Interworking with external networks

インターワーキングサービスは非AP STAはサブスクリプションまたはその外部ネットワークの他の特性に応じて外部のネットワークが提供するサービスにアクセスすることができます。 IEEE 802.11の非AP STAはSSPNと外部ネットワークとサブスクリプションの関係、例えば、あるかもしれません。

この規格で扱わインターワーキング機能の概要は以下のとおりです:

- ネットワークの発見と選択
- アクセスネットワークの種類の広告を通じ、適切なネットワークの発見、管理フレームを介して、コンソーシアム、会場情報をローミング
- BSS内またはBSSを介して外部ネットワークに到達可能な広告サービスを使用して、適切なIEEE 802.11インフラ(例えば、アクセスネットワーククエリプロトコル(ANQP)またはIEEE 802.21インフォメーションサーバー)の選択。
- それに対応するIEEE 802.11のインフラストラクチャとSSPNまたは外部ネットワークの選択
- 緊急サービス
- リンクレベルでの緊急コールとネットワークアラートのサポート
- QoSの地図配信
- APとSSPN間SSPNインターフェースサービス

4.11に記載されて一般的な広告サービス(GAS)は、STAのネットワーク選択や無線LANに参加する前に、ネットワーク内の他の情報リソースの非AP STAによる通信のためのコンジットのサポートの両方を提供します。

インターワーキングサービスは、ユーザはIEEE 802.11インフラ、緊急サービスがサポートされている広告(10.24.6を参照)、トラフィックストリームが緊急サービスのために使用されていることを識別介して緊急サービスにアクセスするための方法を提供することによって、緊急サービスをサポートする。

インターワーキングサービスはSSPNsや他の外部ネットワークのQoSマッピングを提供します。各SSPNまたはその他の外部ネットワークには独自のレイヤ3エンド·ツー·エンドのパケットマーキングの練習を持っていることがあるので(例えば、差別化サービスコードポイント(DSCP)使用規則)、オーバーコモンにレイヤ3のサービス·レベルを再マッピングすることを意味します対空サービスレベルが必要である。 QoSの地図サービスは、ネットワークレイヤのQoSパケットのマッピングにマーキングのSTAを提供オーバーザエアーのQoSフレームマーキング(すなわち、ユーザ優先)。

SSPNインタフェースサービスは、サービスのプロビジョニングとSSPNからAPへのユーザー権限の転送をサポートしています。これらの権限はSSPNから転送される方法とプロトコルは、この規格の範囲外である。

4.5.8 Radio Measurement service

無線測定サービスは、次の機能を提供します。

- サポートされているチャネルにおいて無線測定を要求し、レポートする機能。
- サポートされているチャネルにおいて無線測定を実行する機能。
- MLMEプリミティブおよび/またはMIBへのアクセスを用いた無線測定値を取得する上層アプリケーション用のインターフェース。
- 隣人のAPに関する情報。
一部のアプリケーション、例えば、輸送、オーディオまたはビデオストリームのレンダリングは、別のSTA間で共有シンクロナイズドタイマーを必要とする。 BSSタイミング同期機能(TSF)によって提供されるものよりも高い精度(ジッタの境界に関して)またはより細かい粒度のタイマは、追加の要件であってもよい。このようなアプリケーションのサポートでは、この規格では、正確にSTAの間で共有され、アプリケーションに依存タイマーを同期させるためにMAC上の層を可能にするMACサービスを定義しています。サービスは、同時に複数のアプリケーションによって使用可能である。

タイマーの同期方法と精度の要件はアプリケーションに依存しており、この規格の範囲を超えているが、それらはのSTAへのグループ宛の送信を介して、本質的に同時に提供される各MACからの指示に依存しています。 MACは、特定のデータフレームの最後のシンボルの最後の発生を示すことによってこれを達成し、それは以前に登録されたグループアドレスが含まれている場合、注目されるデータフレームは、それらのMACヘッダアドレス1フィールドによって識別される
MAC。観察と表示の配信の間の遅延は、設計(と実装依存によってアプリケーションに通知)することによって、MAC内で知られていながら、最後の記号は、BSS内のSTAによってオンエアobserved20です。最後のシンボル表示の端部によって提供される時間内に共通の基準点は、アプリケーション依存のタイマ同期の様々な方法の基礎とすることができる時に不可欠なビルディングブロックである。

4.5.6 Traffic differentiation and QoS support

IEEE標準802.11は共有メディアを使用し、QoSの要件にデータ転送を処理するための媒体へのアクセスの差別化された制御を提供します。のQoS機能(当たりMSDUトラフィックカテゴリとTSPECネゴシエーション)は、IEEE802.11無線LANがQoSの配信をエンドツーエンドまたは独立したネットワークが指定されたQoSとリンクごとのベースで輸送を提供するものとして機能するために提供する大規模なネットワークの一部になることができます約束。他、リソース予約プロトコル(RSVP)この規格の範囲を超えているようなQoSの配信メカニズムをエンド·ツー·エンドの統合およびIEEE802.11仕様でのQoS機能の操作性に関する仕様。

4.5.5.3 DFSf

無線規制は、レーダーシステムと協チャネル動作を避けるために、利用可能なチャネルの一様な利用を提供するためにメカニズムを実装する5GHz帯で動作するRLANsを必要とするかもしれません。 DFSサービスは、これらの規制要件を満たすために使用される。

DFSサービスは、次のために用意されています。

- STAが'サポートチャネルに基づいてBSSにおけるAPとSTAの協会。
- 現在のチャネルを静めするので、より少ない干渉fromotherのSTAのとレーダーの存在をテストすることができます。
- チャネルを使用する前に、チャネルで動作しながらレーダーのテストチャンネル。
- レーダーとの干渉を避けるために、現在のチャネルのレーダーを検出した後に操作を中止。
- 規制要件に基づいて電流および他のチャネルでレーダーを検出する。
- 要求現在および他のチャンネルでの測定の報告。
- 選択とレーダーが検出された後BSSの移動を支援するために新しいチャネルを広告する。

4.5.5.2 TPC

無線規制では衛星放送サービスとの干渉を低減するために、送信規制の最大の指定を含む、電力および許可された各チャネルに対する緩和要求を送信電力制御を使用する5GHz帯で動作する無線ローカルエリアネットワーク(RLANs)を必要とする場合がある。 TPCサービスは、この規制要件を満たすために使用される。

TPCサービスは、次のために用意されています。

- STAは'パワー能力に基づくBSSにおけるAPとSTAの協会。
- 現在のチャネルの規制とローカル最大送信電力レベルの仕様。
- 規制要件によって課せられた制約の範囲内で、チャネル内の各伝送のための送信電力の選択。
- 送信電力の適応経路損失とリンクマージン推定値を含む情報の範囲に基づい。

4.5.5.1 General

二つのサービスは、5 GHz帯域での動作のために、いくつかの規制区域における要件(附属書D及び附属書Eを参照)を満たすことが要求される。これらのサービスは、電力制御(TPC)及び動的周波数選択(DFS)を送信と呼ばれる。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ