IEEE802.11:4.5.3 Services that support the distribution service

4.5.3.5 Disassociation

既存の関連付けを終了するときに解離サービスが呼び出されます。解離は、DSSにおけるサービスの1つです。

ESSでは、これは既存の関連情報を無効にするためにDSに指示します。引き離さSTAにDSを介してメッセージを送信しようとすると失敗します。

解離サービスは協会にいずれかの当事者(非AP STAまたはAP)によって呼び出されるかもしれません。

解離は、通知ではなく、要求です。解離は、管理フレーム保護が交渉して、メッセージの整合性チェックが失敗した場合を除き、受信STAによって拒否することができません。

APは、サービスのための又は他の理由のためにネットワークから削除するAPを可能にするためのSTAの関連付けを解除することができる。 STAは、彼らがネットワークを離れるときに解除しようとします。しかし、MACプロトコルが解離サービスを呼び出すのSTAには依存しません。 (MAC管理は、関連するSTAとの通信の損失を収容するように設計されている。)

4.5.3.4 Reassociation

関連付けは、IEEE802.11無線局間に遷移メッセージ配信のために十分である。追加機能は、BSS遷移モビリティをサポートするために必要とされる。必要な追加機能は、再アソシエーションサービスによって提供されます。再アソシエーションは、DSSにおけるサービスの1つです。

再アソシエーションサービスは、1つのAPから別の現在の関連付けを"移動"するために呼び出されます。これは、ESS内BSSからBSSへSTAが移動すると、APとSTAの間の現在のマッピングを知らさDSを保持します。再アソシエーションはまた、STAが同じAPに関連付けられたままに確立協会の関連属性を変更できます。再アソシエーションは、常に携帯STAによって開始されます。

いいえ施設は再アソシエーション中RSNAを移動するために提供されていません。したがって、古いRSNAは削除され、新しいRSNAが構成されている。 

4.5.3.3 Association

DS内にメッセージを配信するには、配信サービスは、指定されたIEEE 802.11 STAのためにアクセスするためにどのAPかを知る必要があります。この情報は、アソシエーションの概念によりDSに供給される。関連付けは、BSS遷移モビリティをサポートするために、十分な必要はなくなる。協会はnotransitionモビリティをサポートするのに十分である。協会は、DSSにおけるサービスの1つです。

STAは、APを介してデータ·メッセージを送信することが許可される前に、最初にAPに関連付けられているとなる。関連付けられているとなっての行為は、DSへのマッピングをAPにSTAを提供する関連サービスを、起動します。

DSは、メッセージ配信サービスを実現するためにこの情報を使用する。アソシエーションサービスによって提供された情報が格納され、DS内で管理される方法は、この規格で規定されていない。

堅牢なセキュリティネットワーク(RSN)の中では、関連付けが異なる方法で処理されます。 RSNAでは、IEEE 802.1Xポートは、IEEE 802.11リンクの向こう側にデータトラフィックを許可するかを決定します。 1協会への単一のIEEE 802.1Xポートマップ、およびIEEE 802.1Xポートに各アソシエーションにマップされます。 IEEE 802.1Xポートは、IEEE 802.1X制御ポートとIEEE 802.1X非制御ポートで構成されています。 IEEE 802.1X制御ポートは、IEEE 802.1X認証手順は、IEEE 802.1X非制御ポートを介して正常に完了するまで2つのSTAの間の一般的なデータトラフィックを渡すからブロックされます。 AKMが正常に完了すると、データ保護、不正アクセスを防止するために有効になっており、IEEE 802.1X制御ポートのブロックを解除は、保護されたデータトラフィックを許可する。 IEEE 802.1XサプリカントとIEEE 802.1X非制御ポートを経由してオーセンティケータ交換プロトコル情報。なお、他のほとんどのプロトコル交換は、IEEE 802.1Xポート制御を利用することが期待されています。しかし、与えられたプロトコルは、認証機能をバイパスし、IEEE 802.1X非制御ポートを利用する必要があるかもしれません。

制御ポートと非制御ポートの議論については、IEEE標準802.1X-2004をNOTE-を参照してください。

任意の所与の瞬間に、STAは一つ以下のAPに関連付けられる。これは、DSは、質問へのユニークな答えを決定することができ、 "STA Xを提供しているどのAP?"関連付けが完了すると、STAが通信するDS(AP経由)をフルに活用することがあります。協会は、常に携帯STAはなく、APによって開始されます。

APは、一度に多数のSTAが関連付けられてもよい。 STAはAPが存在しているのかと運用能力がそれらのAPのそれぞれから利用可能であるかを学習した後、関連付けを確立するための関連サービスを起動します。 STAがAPが存在しているかについて学習方法の詳細については、10.1.4を参照してください。

4.5.3.2 Mobility types

ネットワーク内のSTAの移動を記述する、この規格への重要性の3トランジションの種類は次のとおりです。

)無移行:このタイプでは、通常は区別できない2つのサブクラスが同定されています:

1)静的-NOモーション。
通信STAのPHYの範囲、すなわち、基本的なサービスエリア(BSA)内での移動中の2)ローカル動き - 動き。

b)は、BSS遷移:このタイプは、同じESS内の他のBSSに1 ESS内の1つのBSSからSTAの移動として定義される。高速BSS遷移はむしろ再アソシエーション後より再結合前のデータ接続のための必要な状態を確立するBSS遷移です。

c)にESS-遷移:このタイプは異なるESSに、あるBSS BSSにESSからSTAの移動として定義される。この場合は、STAが移動してもよいという意味で支持されている。上位層の接続の維持は、IEEE規格802.11によって保証できず、実際には、サービスの中断が生じやすくなるおそれがある。

FTプロトコルは、堅牢なセキュリティネットワーク(RSN)、またはサービス品質(QoS)のアドミッション制御がESSで有効になっているではアクセスポイント(AP)間のBSS遷移を実行するSTAためのメカニズムを提供します。

異なる関連サービスは、モビリティのさまざまなカテゴリをサポートします。

4.5.3.1 General

MAC副層の主な目的は、MACサブレイヤのエンティティ間のMSDUを転送することである。作動する配信サービスに必要な情報が対応付けサービスによって提供される。データメッセージが配信サービスによって処理される前に、STAは、"関連付け"されている

関連付けの概念を理解するには、移動性の概念を理解することがまず必要である。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ