IEEE802.11:4.5.2 Distribution of messages within a DS

4.5.2.3 QoS traffic scheduling

QoSトラフィックスケジューリングはどちらcontentionbasedまたは制御チャネルアクセスを使用して、HCFの下内BSSのQoSフレームトランスファーを提供しています。各TXOPで、STAでのトラフィックスケジューリングエンティティはUP要求および/またはパラメータのトラフィック仕様(TSPEC)の値に基づいてトラフィックの複数のキューの頭部でフレームのセットからの送信のためのフレームを選択するMSDUを要請した。追加情報は、9.19で利用可能です。

4.5.2.2 Integration

配信サービスは、メッセージの受信者が統合されたLANのメンバーであると判断した場合、DSの"出力"ポイントではなく、APのポータルであろう。

ポータルに配信されたメッセージは、DSが統合機能(概念的配信サービス後に)起動する原因となる。統合機能が統合されたLAN媒体(任意の必要なメディアまたはアドレス空間変換を含む)DSMからメッセージを配信するために必要とされるものは何でも達成する責任がある。統合は、DSSにおけるサービスの1つです。

メッセージは、IEEE802.11 STA用DSメッセージが配布サービスによって配布される前に統合関数を呼び出すことによって(ポータルを経由して)統合されたLANから受信した。

統合機能の詳細は、特定のDSの実装に依存しており、この規格の範囲外である。

4.5.2.1 Distribution

これは、IEEE 802.11 STAによって使用される主要なサービスです。これは概念的にすべてのデータメッセージによって、またはESSにおけるIEEE 802.11 STA動作(フレームはDSを介して送信されたとき)から呼び出されます。分布は、DSSを使用することです。

図4-11にESSネットワークを参照して、STA 4にSTA 1から送信されるデータ·メッセージを検討してください。メッセージは、1 STAから送信され、STA 2( "入力" AP)によって受信される。 APはDSの配信サービスにメッセージを与える。それは意図された受取人のために適切なDSの目的地に到着するように、DS内にメッセージを配信するための配信サービスの仕事です。この例では、メッセージは、STA 3( "出力" AP)とSTA 3に分配されるWMは、メッセージを送信するためにアクセスする
STA 4(目的の宛先)。

DSがIEEE標準802.11で指定されていない内にどのようにメッセージが配布されています。すべてのIEEE 802.11標準を行うために必要とされる目的の受信者に対応する "出力"点を決定できるようにするための十分な情報DSとDSを提供することである。必要な情報は、3つのアソシエーション関連サービス(アソシエーション、再会合および解離)によりDSに供給される。

前の例では、配信サービスを起動したAPが分散し、メッセージを受け取ったAPとは異なっていたである場合であった。メッセージを送信STAと同じBSSのメンバーだったSTAのために意図されていた場合、そのメッセージは "入力"と "出力"のAPが同じだったでしょう。

どちらの例では、配信サービスは、論理的に呼び出された。メッセージには、実際に物理的なDSMかDS実装の問題であり、この規格で規定されていないを横断しなければならなかったかどうか。

IEEE標準802.11 DSの実装を指定していませんが、それは一つの可能​​DSMとして認識し、WMの使用をサポートしていません。これは、特にIEEE 802.11フレームフォーマットに支持されている。図4-8に示すように(詳細は第8条をご参照ください。)メッシュBSSは、全体のDSまたはWMを使ってDSの一部を形成することがあります。メッシュサービスは、メッシュBSSを形成し、メッセージを配信するために使用される。句13は、メッシュのBSSが形成され、どのようにメッセージがメッシュBSSを通じて配布される方法を定義します。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ