IEEE802.11:4.4 Logical service interfaces

4.4.3 DSS

The service provided by the DS is known as the DSS.

This service is represented in the IEEE 802.11 architecture by arrows within APs and mesh gates, indicating that the service is used to cross media and possibly address space logical boundaries. An AP and a mesh gate are logical entities, and the functions described may be shared by one or more physical entities.

The services that comprise the DSS are as follows:

a) Association (not mesh facility)
b) Disassociation (not mesh facility)
c) Distribution
d) Integration
e) Reassociation (not mesh facility)
f) QoS traffic scheduling (QoS facility only)
g) DSE
h) Interworking with the DS (mesh facility only)

DSSs are specified for use by MAC sublayer entities.

Figure 4-11 combines the components from previous figures with both types of services to show the complete IEEE 802.11 architecture.

4.4.2 SS

STAによって提供されるサービスは、SSとして知られている。

SSはすべてのIEEE802.11 STA(​​APがSTAの機能を含むように、APを含む)中に存在する。 SSは、MAC副層エンティティが使用するために指定されています。すべて準拠STAがSSを提供します。

次のようにSSは、次のとおりです。

A)認証(dot11OCBActivatedがtrueの場合は使用されません)
b)の認証解除は、(dot11OCBActivated時使用されていない)が真である
c)は、データの機密性は、(dot11OCBActivated時使用されていない)が真である
d)はMSDU配信
e)のDFS
f)のTPC
g)の上位層タイマー同期(のみのQoS機能)
h)のQoSトラフィックスケジューリング(のみのQoS機能)
i)は無線測定
j)はDSE

4.4.1 General

DSがLANを有線現在IEEE802を含む多くの異なる技術から作成することもできる。IEEE標準802.11基づいて、データ·リンクまたはネットワーク層のどちらかであることがDSを制約しません。またIEEE標準802.11は、集中または自然界に分布していずれかにDSを制約しません。

IEEE標準802.11明示DSの実装の詳細を指定していません。代わりに、IEEE標準802.11のサービスを指定します。サービスアーキテクチャの異なるコンポーネントに関連付けられる。 IEEE802.11サービスステーション·サービス(SS)と流通システムサービス(DSS)の2つのカテゴリがあります。サービスの両方のカテゴリは、IEEE802.11のMAC副層で使用されます。

IEEE802.11建築サービスの完全なセットは、次のとおりです。

イ)認証
b)の協会
c)の認証解除
d)は関連付け解除
e)の配布
f)の統合
g)のデータの機密性
h)を再アソシエーション
ⅰ)MSDU配信
j)のDFS
k)のTPC
l)を上位層タイマー同期(のみのQoS機能)
m)のQoSトラフィックスケジューリング(のみのQoS機能)
n)は無線測定
o)のDSE

SSとDSS:この一連のサービスは、2つのグループに分割される。 SSはすべてのSTAの一部です。 DSSはDSによって提供されます。

最近のIEEE802.11記事

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ