IEEE802.11-2012: 4.3.9.4 Using DSE STA identification to resolve interference

CSMA / CAは十分に苦情を解決するために別のライセンシーのSTA(すなわち、隠しSTA)またはセカンダリライセンシーがプライマリライセンシーへの推論が発生した場合、ライセンシーが義務付けられているの存在を感知することができないときに、任意のSTAによる干渉の結果その制御下(従属のSTAを含む)。干渉解決プロセスを容易にするために、非排他的にライセンスされたスペクトルで動作するすべてのSTAがSTA DSEと位置情報手順を使用。

デフォルトでは、登録されたSTAが彼らのユニークな識別子としての実際の場所をブロードキャストなぜなら、STAの識別と位置情報の手順は本質的に結びついています。依存のSTAは、それらと同様にライセンシーによって選択された一意のコードを有効にしているSTAの場所を放送する。このメソッドは、同時に、問題を整流し、責任を負う当事者と接触干渉の犠牲者を置き、それが依存STAの子のプライバシーを保護します。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ