IEEE802.11-2012: 4.3.9.3 Contention-Based Protocol (CBP) in nonexclusively licensed bands

同じエリアで非独占的、まとまりごとにライセンスが付与するネットワークの重複の可能性につながる。重複ネットワークは、米国で3650 MHz帯を支配するもののような同一チャネル干渉、規制を引き起こす場合は、CBPの使用を必要とする"送信機が動作する他の送信機のための合理的な機会を提供することで"を18 IEEE802.11キャリアセンスは、衝突回避(CSMA/ CA)を持つ複数のアクセスは、ほとんどの状況では、この目的に適している。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ