IEEE802.11:4.3.9 Operation in licensed frequency bands

明示的に特定の規則を満たす必要はないが、一緒に使用されるオプションのIEEE802.11機構の数はスペクトル共有、現役検出、およびライセンスされた帯域内の他のコグニティブ無線機能のための一般的な要件を満たすことができる。各バンドの具体的なメカニズムはE.2に詳述されている。
CSMA / CAは十分に苦情を解決するために別のライセンシーのSTA(すなわち、隠しSTA)またはセカンダリライセンシーがプライマリライセンシーへの推論が発生した場合、ライセンシーが義務付けられているの存在を感知することができないときに、任意のSTAによる干渉の結果その制御下(従属のSTAを含む)。干渉解決プロセスを容易にするために、非排他的にライセンスされたスペクトルで動作するすべてのSTAがSTA DSEと位置情報手順を使用。

デフォルトでは、登録されたSTAが彼らのユニークな識別子としての実際の場所をブロードキャストなぜなら、STAの識別と位置情報の手順は本質的に結びついています。依存のSTAは、それらと同様にライセンシーによって選択された一意のコードを有効にしているSTAの場所を放送する。このメソッドは、同時に、問題を整流し、責任を負う当事者と接触干渉の犠牲者を置き、それが依存STAの子のプライバシーを保護します。
同じエリアで非独占的、まとまりごとにライセンスが付与するネットワークの重複の可能性につながる。重複ネットワークは、米国で3650 MHz帯を支配するもののような同一チャネル干渉、規制を引き起こす場合は、CBPの使用を必要とする"送信機が動作する他の送信機のための合理的な機会を提供することで"を18 IEEE802.11キャリアセンスは、衝突回避(CSMA/ CA)を持つ複数のアクセスは、ほとんどの状況では、この目的に適している。
DSE操作手順は、ライセンススペクトルの依存のSTAとして動作するように登録されていないIEEE802.11のSTAのために必要なチャネルのプロビジョニングおよび規制管理を自動化するために使用されています。17

4.3.9.1 General

IEEE802.11デバイスは、国の規制機関によって認可されている周波数で動作させることができます。それは操作のライセンスの種類、バンド、国から独立しているように、この規格は、一般化されてきたが、付属書Dに記載されているだけバンドと関連する規則を具体的に検討されている。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ