IEEE802.11:4.3.4 Distribution system (DS) concepts

4.3.7 QoS BSS: The QoS network

IEEE 802.11のQoS機能は、QoS要件を持つLANアプリケーションをサポートするために、MACの拡張機能を提供します。のQoS拡張機能は、QoS BSSのQoSアクセスポイントに関連付けられたQoSのSTAで使用できます。 QoSの機能強化のサブセットは、同一のQoS IBSSのメンバーであるSTAの間で使用可能です。同様に、QoSの機能強化の一部は、隣接ピアメッシュSTAの間で使用可能です。メッシュBSSは、QoS BSSの一種であり、それは4.3.15で説明されています。 nonmesh QoSのSTAが、この規格で定義されたSTAの機能のスーパーセットを実装しているため、STAは、非QoSのBSSにおける非QoSをアクセスポイントに関連付けるかもしれないQoSのBSSがない場合、非QoSをMACデータサービスを提供するために、関連付けるいると。メッシュSTAが必要なサービスを実装していないので、メッシュSTAは、任意のアクセスポイントに関連付けることはできません。

非QoSをAPから非のQoSのSTAおよびQoS APからのQoSのSTAを区別する拡張機能を総称したQoS機能と呼ばれる。 QoSのSTAは、後続の節で指定された範囲で、同様のQoSのSTAとAP間のQoSなど、QoSの実装の間で異なる可能性がありますサポートのQoS固有のメカニズムのどれ。ブロック謝辞(ブロックACK)機能、DirectLinkのセットアップ(DLS)、自動省電力配信を除くすべてのサービスプリミティブ、フレームフォーマット、コーディネート機能とフレーム交換ルール、および管理インターフェイスの機能(APSD)コアのQoS機能の一部である。 QoSのSTAまたはQoSのAPが他のQoSのSTAと相互運用へのQoS機能のために必要なこれらのコアのQoS機能を実装しています。このようなブロックAckを、DLS、及びAPSDなどの機能は、コアのQoS施設から分離され、そしてこれらの機能の存在はコアのQoS機能とは別にSTAによって示されます。

インフラストラクチャBSSとIBSSは、この規格では、QoS要件を持つアプリケーションをサポートするための2つのメカニズムを提供します。

強化された分散チャネルアクセス(EDCA)を指定された第1のメカニズムは、ユーザ優先度(UPS)を差別に基づいてトラフィックを提供します。この分化は異なるUP値について以下のように変化させることによって達成されます:
- アイドル状態になるまでの時間のSTA感覚のチャンネルを額の前にバックオフや送信、または
- バックオフに使用するコンテンションウィンドウの長さ、または
- それはチャネルを取得した後、期間はSTAが送信してもよい。

これらの送信もアドミッション制御の形式で特定のチャネルアクセスの制限を受ける可能性がある。このメカニズムの詳細は9.19.2に設けられている。

第2のメカニズムは、ハイブリッドコーディネーション機能指定(HCF)制御チャネルアクセス(HCCA)は、ハイブリッドコーディネーター(HC)との送信機会の確保(TXOPs)を可能にします。独自の伝送用としてだけでなく、APからitself.16への送信の両方にその要件を要求TXOPsためのHCに基づいてSTAが、要求はSTAのステーション管理エンティティ(SME)によって開始されます。 APで併置されるHCは、どちらアドミッションコントロールポリシーに基づいて要求を受け入れるか拒否します。要求が受け入れられた場合は、両方のSTA(APと非AP STAの両方)のためのHCスケジュールTXOPs。非AP STAからの送信の場合、HCは、その要求時STAによって供給されたパラメータに基づいて、STAをポーリングします。 STAへの送信の場合、APは、直接連結されたHCからTXOPsを取得し、再びSTAによって指定されたパラメータに基づいてSTAにキューイングされたフレームを実現します。メカニズムの詳細は9.19.3と10.4で提供されています。このメカニズムは、HCからの定期的な保守サービスを受ける必要があり、音声やビデオなどの用途に用いることができる。アプリケーション制約は、このメカニズムの使用を指示した場合、アプリケーションは、管理サービスプリミティブを使用して、このメカニズムを開始する。

APによって関連付けることが許可されている場合、非QoSのSTAが、QoSのBSSに関連付けることができます。 APによって非のQoSのSTAに送信されるすべての個別にアドレスフレームは、QoS機能に関連付けられているフレームフォーマットを使用しないでください。非QoSのBSSに関連付けられたQoS STAは非QoSのSTAとして機能します。

4.3.6 Integration with wired LANs

従来の有線LANとIEEE802.11アーキテクチャを統合するには、最後の論理アーキテクチャコンポーネントが導入され、ポータル。

ポータルは、統合された、非IEEE-802.11 LANからたMSDUは、IEEE802.11 DSを入力する時の論理的ポイントです。例えば、ポータルは、有線IEEE802 LANに接続して、図4-6に示されています。

非IEEE-802.11のLANからのすべてのデータは、ポータル経由でIEEE802.11アーキテクチャを入力してください。ポータルは、積分サービスが設けられた論理的な点である。統合サービスは、MSDUのはDSと統合されたLAN間を通過する際に必要になることがあります任意のアドレッシングの変更を担当しています。一つのデバイスは、APの機能とポータルの両方を提供することが可能である。

4.3.5 Area concepts

無線物理層については、明確に定義されたカバレッジエリアは、単に存在しない。伝搬特性は、ダイナミックかつ予測できません。位置や方向の小さな変化は、信号強度の劇的な違いをもたらすかもしれません。同様の効果は、STAが(移動物体はステーション間の伝播に影響を与える可能性がある)、固定または携帯電話であるかどうかに発生する。

図4-4は、標準的な金属製のデスクとオープン戸口のシンプルな正方形の部屋のための信号強度マップを示します。図4-4は、静的なスナップショットであり、伝播のパターンは、環境の動き内のSTAとオブジェクトとして動的に変化する。図4-4に、左下の暗(固体)のブロックは、金属製のデスクであり、図の右上にある出入り口があります。図は、異なる強度を有する電界強度の相対的な差を示し、静的な環境においても、電界強度の変動を示している。最大の信号強度および図4-4において少なくとも信号強度の差が50デシベルである。

アーキテクチャ図はBSSのための鋭い境界を示すが、これは絵画的な表現ではなく、物理的な現実の成果物です。動的な三次元電界強度ピクチャを描画することが困難であるため、明確に定義された形状は、のカバレッジを表すためにIEEE802.11建築の図で使用されている
BSS。

コロケーションカバレッジエリアを記述しようとすると、さらなる説明の困難が生じる。 STA6 BSS2またはBSS3に属しているおそれのある図4-5を、考えてみましょう。

STAのセットのコンセプトは正しいのですが、それは分野について話をすることが多いと便利です。多くのトピックのための領域の概念は十分です。ボリュームはまだ技術的に正しくないが、面積に比べてより正確な用語である。歴史的な理由と利便性のために、この規格では、一般的な用語の領域を使用しています。
RSNAは、有線と同等のプライバシー(WEP)とIEEE802.11認証に加えて、セキュリティ機能の数を定義します。これらの機能には次のものがあります。
- STAのための強化された認証メカニズム
- 鍵管理アルゴリズム
- 暗号鍵確立
- 強化されたデータの暗号化、カプセル化など、暗号ブロック連鎖メッセージ認証コードプロトコル(CCMP)でカウンタモードなどのメカニズム、そして、必要に応じて、一時的なキー統合プロトコル(TKIP)。
- 高速基本サービスセット(BSS)トランジション(FT)メカニズム
- 堅牢な管理フレームの強化暗号カプセル化メカニズム

RSNAは、IEEE 802.11アーキテクチャの外部コンポーネントに依存する場合があります。

最初のコンポーネントは、IEEE 802.1Xポートアクセスエンティティ(PAE)です。 PAEをRSNAでは、すべてのSTA上に存在し、および媒体アクセス制御(MAC)からのデータの転送を制御する。 APは常に認証者PAEおよび拡張認証プロトコル(EAP)認証の役割を実装しており、非AP STAは、常にサプリカントPAEおよびEAPピアの役割を実装しています。 IBSS内の各STAは、オーセンティケータPAEとカントPAEの役割とEAP認証とEAP同輩の両方の役割の両方を実装しています。

第二の成分は、認証サーバー(AS)である。 AS RSNA自体、すなわち、の要素を認証​​することができる、STAがRSNA要素が互いを認証するために使用する材料を提供することができる。 AS ASとその逆に認証されるようにSTAを有効にし、各STAのIEEE 802.1XサプリカントとIEEE 802.1Xオーセンティケータを介して通信します。 RSNAは、相互ASの認証や、IETF RFC 4017の要件を満たすものとしてSTAをサポートEAPメソッドの使用方法によって異なります。特定の用途において、AS APとして、またはIBSS内のSTAに同じ物理デバイスに統合することができる。

いくつかの用途では、PAEまたはASと、STAとAP、又はIBSS内の2つのSTA、又はMBSSの2つ​​のメッシュ端末(STA)の必要がなく、パスワードを使用して互いを認証することができる。

高速BSS遷移を用いたRSNAはペアマスターキー(PMK)R0鍵ホルダー(R0KH)とPMK-R1キーホルダー(R1KH)認証コンポーネント間の鍵を配布するための外部プロトコルに依存しています。このプロトコルのための要件は、12.2.2で説明されています。
DSとインフラのBSSは、IEEE標準802.11は、任意のサイズと複雑さのワイヤレスネットワークを作成することができます。 IEEE802.11標準は、ESSネットワークなどのネットワークこのタイプのことをいう。 ESSは、DSで接続され、同じSSIDを持つインフラのBSSの和集合である。 ESSは、DSは含まれていません。

キーコンセプトは、ESSネットワークがIBSSネットワークとしてLLC層に同じ表示されていることである。 ESS内のSTAが通信することができる、モバイルSTAがLLCに透過的に(同じESS内の)別のBSS1から移動することがあります。

その分散的な性質のために、メッシュBSS(MBSS)は、インフラストラクチャBSSのAPのような中心的な実体を持っていません。その代わりに、MBSSは、独立したメッシュSTAの単一のセットを形成する。このセットは不可分であり、さらに統一することはできません。 ESSコンセプトはMBSSには適用されません。ただし、ESSを接続するDSの全部又は一部としてBSSメッシュを使用することが可能である。

何も図4-3ののBSSの相対的物理的な場所については、IEEE規格802.11を行うものではありません。

以下のすべてが可能です
A)のBSSは、部分的に重なっている。これは、一般に、物理ボリューム内の連続した​​範囲を配置するために使用される。
B)のBSSは、物理的にばらばらである可能性があります。論理のBSS間の距離に制限はない。
C)のBSSは、物理的に同じ場所に配置されています。これは、冗長性を提供するために行うことができる。
d)の一つ(または複数)またはESS IBSSネットワークは、1つ(またはそれ以上)のESSネットワークと同じ場所に物理的に存在している。これは、多数の理由で発生する可能性があります。いくつかの例では、IBSSネットワークはIEEE802.11ネットワークの重複物理yは、異なる組織によって設定されているにもESSネットワークを持って場所、で動作しているときであり、二つ以上の異なるアクセスとセキュリティポリシーは、同じ場所で必要とされるとき。

4.3.4.1 Overview

PHYの制限はサポートされるかもしれない直接局間距離を決定します。一部のネットワークでは、この距離で十分ですが、他のネットワークのために、増加したカバレッジが必要です。

代わりに独立して存在すると、インフラストラクチャBSSは、複数のBSSを使用して構築されたネットワークの拡張形式の​​構成要素を形成することができる。インフラのBSSを相互接続するために使用されるアーキテクチャコンポーネントは、DSです。

IEEE標準802.11は、論理的に流通システム媒体(DSM)からWMを分離。各論理媒体は、アーキテクチャの異なるコンポーネントによって、異なる目的のために使用される。IEEE802.11の定義はどちらも複数のメディアは、同じでも異なってもいる、排除しない、また需要。

複数のメディアが論理的に異なっていることを認識すると、アーキテクチャの柔軟性を理解するための鍵です。 IEEE802.11 LANアーキテクチャは、任意の特定の実装の物理的特性とは無関係に指定されている。

DSは、宛先マッピングと複数のBSSのシームレスな統合にアドレスを処理するために必要な論理的なサービスを提供することで、モバイルデバイスのサポートを有効にします。

アクセスポイント(AP)は、関連する端末(STA)のWMを介して、STAの機能を有し、DSへのアクセスを可能にする任意のエンティティである。

図4-2は、IEEE802.11アーキテクチャ画像にDS、DSMおよびAPコンポーネントを追加します。

データは、APを経由してBSSとDSの間を移動する。すべてのAPものSTAであることに注意して、従って彼らは、アドレス可能なエンティティです。WM上とDSM上での通信のためにAPで使用されているアドレスが同じである必要はありません。

それに関連付けられたSTAのいずれかによってAP STAのアドレスに送信されたデータは、常にIEEE802.1Xポート·アクセス·エンティティによって処理するための非制御ポートで受信される。加えて、制御されたポートが許可される場合は、これらのフレームは、概念的にトランジットDSた。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ