IEEE802.11:4.3.15.5 Introduction to mesh functions

規制に応じて、緊急サービスのサポートは、メッシュネットワーク上で義務付けられている可能性があります。この場合、ビーコンおよびプローブ応答フレームは、緊急サービスのためにピアリングメッシュが可能であることを他のメッシュのSTAにアドバタイズ、メッシュSTAは、緊急サービスをサポートするかどうかを知らせる。メッシュSTAはその後緊急サービスが必要な場合は、緊急時の指示は、[開くフレームをピアリングメッシュ内に設定されています。緊急サービスをサポートし、メッシュのSTAは、緊急時のサーバ(例えば、PSAPなど)に緊急サービス、移送フレームを必要とする他のメッシュのSTAからピアリングを受け入れる。

4.3.15.5.12 Intra-mesh congestion control

イントラメッシュ輻輳制御は、マルチホップ通信を介してフロー制御を提供するために使用される。イントラメッシュ輻輳制御は、メッシュのSTAでのバッファオーバーフローによって引き起こされる無駄な無線媒体の使用率を軽減するのに便利です。局所輻輳監視および輻輳検出、輻輳制御シグナリング、およびローカルレート制御:イントラ網輻輳制御は、3つの主要なメカニズムで構成されている。イントラメッシュ輻輳制御の詳細は13.12に記載されている。

4.3.15.5.11 Interworking with the DS

メッシュBSSは、1つまたは複数の配電系統に接続する1つ以上のメッシュゲートを含むかもしれません。メッシュゲートはゲートアナウンスフレームを送信することにより、メッシュBSSでその存在をアナウンスすることができます。またメッシュゲートはRANN要素またはそれがルートメッシュSTAとして設定されているメッシュゲートの発表を、示すPREQ要素とHWMPパス選択フレームを送信することにより、メッシュBSSでその存在をアナウンスすることができます。典型的には、ポータルと一緒に配置されたときのメッシュゲートはその存在を発表したり、それは、ポータルへのアクセス権を持っている。ゲートの発表は、メッシュSTAが適切なメッシュゲートを選択し、それに向かってパスを構築することができます。なお、同一のDSへのアクセス権を持つ複数のメッシュゲートはメッシュBSSに存在する場合、適切な設定が必要であることに留意すべきである。

メッシュゲートメッシュBSS外IEEE802のSTAへのアクセス権を持っている場合には、メッシュゲートはMBSS外IEEE802のSTAのプロキシとして動作します。このようなメッシュゲートはプロキシメッシュゲートと呼ばれています。プロキシ機能の詳細は13.11.3に記載されている。

ワーキングメッシュBSSの詳細は13.11で説明されています。
メッシュパスの選択はメッシュBSS内の無線媒体の複数のインスタンス上の経路探索が可能になります。メッシュ経路選択ワークの概要を13.8に記載されている。ハイブリッド無線メッシュプロトコル(HWMP)はメッシュBSSのデフォルトの経路選択プロトコルとして定義される。 HWMPは、積極的な経路選択および反応経路選択の両方を提供します。 HWMPの詳細は13.10に記載されている。経路選択プロトコルは、宛先へのメッシュパスの評価にリンクメトリックを使用する。放送時間リンクメトリックはデフォルトのリンクのメトリックです。これは13.9で定義されています。

一度ソースメッシュSTAと宛先STAメッシュの特定のペアの網目は、メッシュパス経路選択機能によって発見され、メッシュSTAが転送機能により、データを伝播。転送機能の詳細は9.32に記載されている。

メッシュ経路選択および転送の結果として、MSDUは、メッシュSTAが互いに隣接STAがない場合でも、メッシュBSS内のすべてのメッシュのSTA間で送信される。図4-10メッシュBSS内MSDU転送を示しています。

4.3.15.5.9 Frame addressing in an MBSS

3つのアドレスは、4つのアドレス、拡張アドレスのフレームフォーマットは、ESSにメッシュBSSと統合内の無線媒体の複数のインスタンスを介してメッセージの配信を可能にする。フレームフォーマットの詳細は、箇条8及び9.32.3で説明されています。

4.3.15.5.8 Mesh channel switching

メッシュSTAが動作チャネルを切り替える場合には、10.9.8および10.10で定義されたチャンネル切替プロトコルを使用する。チャネルスイッチプロトコルは、事前のチャネル·スイッチが実行されたり、メッシュBSSを通してチャネルスイッチングメッセージの伝播を可能にします。

4.3.15.5.7 Mesh power management

メッシュSTAはピアリングメッシュあたりのリンクの活動レベルを管理できます。メッシュSTAは、アクティブモードへのメッシュのピアリングの各々の活動レベル、光スリープモード又はディープスリープモードを設定する。メッシュSTAは、その隣接ピアメッシュSTAのそれぞれの追跡メッシュ電力モードを実行し、13.14で定義された規則に基づいてフレームを提供します。

4.3.15.5.6 Mesh coordination function (MCF)

メッシュSTAはチャネルアクセスのためにメッシュ調整機能(MCF)を使用します。 MCFは、EDCA(9.20.2で定義されたコンテンションベースのチャネルアクセス)で定義されたMCCA(制御チャネルアクセスで構成されています
9.20.3)。 MCCAは予約ベースのチャネルアクセス方式であり、メッシュBSSのフレーム交換の効率を最適化することを目的とする。

4.3.15.5.5 Mesh beaconing and synchronization

メッシュのメッシュBSS発見、メッシュ電源管理、および同期を支援するために、すべてのメッシュは、定期的にビーコンフレームを送信するSTA。メッシュBSS内の同期化は、MBSSのアクティブな同期方法によって維持される。デフォルトの同期方法は、ネイバーオフセット同期方法である。メッシュビーコン衝突回避(MBCA)は隠れたノード間でビーコンフレームの衝突を緩和する。メッシュビーコンおよび同期の詳細は13.13に記載されている。

4.3.15.5.4 Mesh security

MBSSにおいて、メッシュリンクのセキュリティプロトコルは、メッシュSTAのペアを認証し、それらの間にセッション鍵を確立するために使用される。共有、共通のペアワイズマスターキー(PMK)と、ピアメッシュSTAの認証を確立メッシュ認証プロトコル。交換プロトコルのピアリング認証メッシュが認証ピアリングとセッションキーを引き出すのを確立するには、2つのメッシュのSTA間PMKの存在に依存しています。メッシュセキュリティの詳細は、11.3で13.3.3、13.5、及び13.6に記載されている。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ