IEEE802.11:4.3.15 Mesh BSS: IEEE 802.11 wireless mesh network

4.3.15.4 IEEE 802.11 components and mesh BSS

例メッシュとインフラのBSSを図4-8に示します。のみメッシュのSTAは、そのようなメッシュBSS、経路選択、および転送の形成などのメッシュ機能に参加しています。したがって、メッシュSTAはIBSSまたはインフラストラクチャBSSのメンバーではありません。したがって、メッシュSTAがnonmeshのSTAはと通信しません。

しかし、代わりに独立して存在するが、MBSSも流通システム(DS)にアクセスすることがあります。 MBSSは、DSを介して他のBSSと相互接続。次に、メッシュSTAがnonmeshのSTAのと通信することができます。したがって、論理アーキテクチャコンポーネントは、DS-メッシュゲートとMBSSを統合するために導入される。データは、1つまたは複数のメッシュゲート経由MBSSとDSの間を移動する。したがって、メッシュゲートはMBSSからたMSDUは、IEEE 802.11 DSを入力するに論理的なポイントです。 MBSSは、IEEE 802.11 DSに接続するメッシュゲートが含まれると、MBSSは、そのAPは同じDSに接続することを考えると、あまりにも他のインフラのBSSと統合することができます。いくつかのメッシュゲートはDSに異なるMBSSsを接続図4-8に示します。

MBSSがそのメッシュを通ってゲートIEEE 802.11 DSにアクセスすると、MBSSは、非IEEE-802.11 LANと統合することができる。このMBSSが接続するIEEE 802.11 DSを統合するために、DSは、ポータルをontainする必要があります。 4.3.6を参照してください。したがって、メッシュゲートとポータルは異なるエンティティです。メッシュゲートは、IEEE 802.11 DSとMBSSを統合したのに対し、ポータルでは、非IEEE-802.11 LAN(例えば、従来の有線LAN)とIEEE 802.11アーキテクチャを統合しています。

1つのデバイスAP、ポータル及びメッシュゲートの機能の任意の組み合わせを提供することが可能であり、13.11.5を参照してください。 APとメッシュゲートの機能を組み合わせる例装置は、図4-9に示されている。そのような併置エンティティの実装は、この標準の範囲を超えています。アクセスポイントと連結されたメッシュゲートの構成は、配信システム媒体としてのメッシュBSSの利用を可能にする。この場合、2つの異なるエンティティ(メッシュSTAとアクセスポイント)がコロケートデバイスに存在し、メッシュBSSは、アクセスポイントに結合するSTAに隠されている。メッシュSTAのコロケーションは、各併置STA用の個別のMACアドレスの使用はあいまいさを避けると述べ13.11.5、に概説されています。

4.3.15.3 Mesh STA

メッシュBSSに属するSTA"はメッシュ駅"(メッシュSTA)と呼ばれている。メッシュSTAは、メッシュサービスをサポートするのQoSのSTA、すなわちあり、それらはメッシュ基本サービスセット(MBSS)の形成および動作に関与する。
メッシュSTAは、QoS機能のサブセットを実装しています:

- QoSのフレームフォーマットの使用
- EDCA(MCFの一部として)
- ブロック確認応答(オプション)
- いいえ、承認なし(オプション)

メッシュBSSはフルハイブリッドコーディネーター(HC)とBSS QoS機能を組み込んでいない。 MBSSs以下を内蔵していません。

- HCCA
- トラフィック仕様(のTSpec)
- トラフィック·ストリーム(TS)の管理
- 入場コントロール
- 自動パワーセーブ配信(APSD)
- ダイレクトリンクのセットアップ(DLS)
- トンネルダイレクトリンクセットアップ(TDLS)

4.3.15.2 Overview of the mesh BSS

メッシュBSSは自律のSTAから成るIEEE802.11無線LANです。メッシュBSS内では、すべてのSTAは、相互にメッセージを交換するネイバーのSTAとの無線リンクを確立します。さらに、マルチホップ機能が使用して、メッセージは、無線媒体の単一のインスタンス上で、互いに直接通信していない無線局間で転送することができる。 STAはお互いの範囲内にない場合であってもメッシュBSS内の全てのSTAが直接MAC層で接続されているかのように、ビューのデータ配信の観点から、それが表示される。マルチホップ機能は、無線局とメリット無線LAN展開の範囲を向上させます。

メッシュBSS内のSTAはソース、シンク、またはトラフィックのプロパゲータかもしれない、いくつかのメッシュSTAが唯一の他のSTAのトラフィックを伝播する可能性があります。 4.3.15.4で説明したように、メッシュBSSは外部ネットワークへのインタフェースを持つかもしれないし、インフラのBSS用DSMすることができます。

メッシュBSS内では、STAがチャネルにアクセスするためのメッシュ調整機能(MCF)を利用。 MCFは、4.3.7で指定されたコアのQoS機能に基づいており、メッシュBSSは、QoS BSSの一種として分類されます。 MCFは、9.20で説明されています。

4.3.15.1 General

IEEE802.11メッシュ機能は、無線LANメッシュトポロジをサポートするためにMACの機能拡張を提供します。メッシュ施設はメッシュBSS(MBSS)に属しているのSTAをメッシュにご利用いただけます。 MBSSのメンバーになっていないメッシュSTAの場合、唯一のメッシュディスカバリサービスをご利用いただけます。 nonmesh用のSTAからメッシュのSTAを区別する拡張機能を総称して"。メッシュ施設"と呼ばれるメッシュ特有のメカニズムは、実装によって異なりますされています。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ