IEEE802.11:4.3.13 Wireless network management

4.3.13.22 WNM-Sleep mode

WNM-スリープモードは、拡張電源はGTK/ IGTKアップデートを実行する必要はありません非AP STAはすべてのDTIMビーコンフレームをリッスンしていない必要のある非のAPのSTAのモードを保存しています。 WNM-スリープモードはそれが時間の指定された長さのために眠っていることをAPに通知するために、非AP STAが有効になります。これは、非AP STAは、電力消費を削減し、非AP STAがに送るか、またはAPから受信するトラフィックがないながら、関連したままにできます。

4.3.13.21 WNM-Notification

WNM-通知管理イベントの別のSTAに通知するSTAためのメカニズムを提供します。つのイベントが定義されています:ファームウェアの更新通知を

4.3.13.20 U-APSD Coexistence

U-APSD共存機能は、U-APSDサービス期間の使用のためにAPに要求された伝送時間を示すために、非AP STAが有効になります。伝送時間の使用は、サービス期間中にフレームを送信し、非AP STAが干渉を受けている場合、非AP STAがフレームを受信する可能性を改善するためにAPを可能にします。 U-APSD共存機能は、APが正常に受信されないサービス期間中にフレームを送信する可能性を低減する。

4.3.13.19 Traffic filtering service

トラフィックフィルタリングは、APがSTAに宛てたMSDUと管理フレームを調べ、その関連するSTAにAPによって提供されているサービスである。それらのフレームのいずれかがSTAの要求ごとにAPで有効にすることがトラフィックフィルタの特定のセットと一致する場合、APを決定します。セット内のトラフィックフィルタのいずれにも一致しない個別にアドレス指定されたフレームは破棄される。対応のトラフィックフィルタのセットのうちの少なくとも一方に一致ん個別にアドレスフレームがSTAに配信されます。 STAは、トラフィックのフィルタに一致するフレームの配信に先立って送信される通知のフレームを持って交渉することがあります。

4.3.13.18 Timing measurement

タイミング測定フレームは、受信者のSTAが正確に送信STAにおけるクロックに対するそのクロックのオフセットを測定することができます。受信者STAが経時的に送信STAに対して、クロックのオフセットの変化を追跡し、こうして検出し、クロック間のドリフトを補償するための1つのSTAから別のタイミング測定フレームを定期的に転送して、それが可能である。

4.3.13.17 TIM broadcast

TIMブロードキャストプロトコルは、ビーコンフレームの独立した個別にアドレス指定されたトラフィック、STAのウェイクアップ時間を短縮することが緩衝の指示を受信するようにSTAを可能にするためにメカニズムを定義する。

4.3.13.16 Triggered STA statistics

興味のある統計が事前定義されたしきい値に達したときにトリガSTA統計レポート機能は(4.3.8.9を参照)STA統計レポートの生成を可能にします。

4.3.13.15 SSID list

SSIDリスト要素は、SSIDのリストに関する情報を要求するために、非AP STAが可能となる。これは、非AP STAから送信されたプローブ要求フレームの数を削減することを意図している。

4.3.13.14 QoS traffic capability

QoSトラフィック能力手順は、QoS STAは、そのようなトラフィックの発生を必要とするアプリケーションから対応するユーザ優先度(UP)に属するトラフィックを送信することが可能であることを示すために可能にする。 QoSトラフィック機能は音声できる非AP STAの数に基づいて、音声アプリケーションのブロッキング確率を推定するための入力として例に使用されるかもしれません。

4.3.13.13 Proxy ARP

プロキシARP機能は非AP STAがARPフレームを受信しないことを示すために、APを可能にします。プロキシARP機能は、長期間の電力セーブに残る非AP STAが有効になります。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ