IEEE802.11:4.3 Components of the IEEE 802.11 architecture

図4-7に示すようにAPは、認証ユーザーおよびプロビジョニングサービスを目的としてSSPNインタフェースを使用して外部ネットワークと対話することができます。認証とSSPNとAP間でプロビジョニング情報の交換は、ポータルを透過的に通過します。この情報をやり取りするために使用されるプロトコルは、この規格の範囲外である。論理SSPNインタフェースは、APが特定の非AP STAの認証および認可のためSSPNに相談すると統計とSSPNにステータス情報を報告するための手段を提供します。 SSPNから受信した非AP STAのための認証およびプロビジョニング情報は、AP管理情報ベース(MIB)に保存され、レイヤ2、非AP STAに提供されるサービスを制限するために使用される。 SSPNインタフェースを記述する詳細な相互作用は、10.24.5に設けられている。

SSPNインタフェースは、現在関連付けられているBSSを介しSSPNでプロビジョニングサービスへの非AP STAアクセスを提供します。 SSPNアクセスは、非AP STAは、この規格の範囲外に対して透明である仮想ローカルエリアネットワーク(VLAN)マッピングまたはトンネルの確立を含むことができる。 SSPNインターフェースは、非AP STAはSSPN以外の宛先ネットワークにおけるサービス(DNS)にアクセスすることができます。 SSPN以外のDNの例は、IEEE802 LAN、またはIEEE802.11インフラとSSPNを結ぶ中間ネットワークを経由してインターネットアクセスを提供することである。

NOTE-SSPNインターフェイスサービスがIBSSではサポートされていません。

4.3.12 Tunneled direct-link setup

トンネリングされたダイレクトリンク設定(TDLS)はシグナリングフレームを透過的にAPを介して送信されるように、データフレームにカプセル化されたフレームのシグナリングを使用することを特徴とする。したがって、DLSとは異なり、APは、TDLSを使用することが順番に、直接リンクで使用される機能の同じセットをサポートする必要がダイレクトリンクを認識しておく必要があり、またもありません。 TDLSピアU-APSDとTDLSピアPSM:STAがTDLSパワーセーブモードに入るようにするには、TDLSは、2つの電源がメカニズムを保存しています。 TDLSはSTAがTDLSは、データの機密性とメッセージ認証を提供するために、キーハンドシェイクピア使用することができます。 TDLS直接リンクを設定STAがAPに関連付けられたままで、他のTDLSピアSTAに直接フレームを送信する。
BSS内のSTA通信するための手順を定義することに加えて、この規格は、データフレームを送信するBSSのメンバーではないSTAを可能にします。このようなデータフレームは、BSSのコンテキストの外側で送信されるように定義される。 STAはtrueですdot11OCBActivated場合のみ、BSSのコンテキスト外のデータフレームを送信する。

STAは、それが真のdot11OCBActivatedたときに送信することが許可されることに注意して、特定のフレームのサブタイプは10.20で指定されます。

dot11OCBActivatedが真である場合、データフレームは、個人またはグループ宛先MACアドレスのいずれかに送信することができる。このタイプの通信は、無線媒体を介して直接通信することができるSTAの間でのみ可能である。これは、BSSを確立するに関連付けられている待ち時間を避けて、即時の通信を可能にする。 dot11OCBActivatedがtrueの場合、STAはBSSのメンバーではありません、それはIEEE 802.11認証、協会、またはデータ機密性サービスを利用しない。この機能は、特に、通信のやり取りが行われた上で間隔が非​​常に短い持続時間であってもよいした携帯無線局(例えば、数十または数百ミリ秒のオーダーに関与するものなど、急速に変化する通信環境での使用に適している)。 IEEE 802.11 MACサブレイヤ認証サービスを使用しないのでdot11OCBActivatedが真のとき、必要な認証サービスは、局管理エンティティ(SME)またはMAC副層の外側のアプリケーションによって提供される。

属性がfalseであるかのように、そのMIB dot11OCBActivated属性が含まれていないSTAが動作します。 dot11OCBActivatedデータフレームの通信が真であることは、その使用のために専用されている周波数帯で行われる可能性があり、このようなバンドは、ライセンスは、規制ドメインに応じて必要になる場合があります。 dot11OCBActivatedたSTAは、最初にいずれかの規制指示又は他のアウトオブバンド通信を介して、事前に知られているチャネルで送受信を行う真である。アウト·オブ·バンド通信または無線フレーム交換を介して得られる情報を用いてSTAのSMEを判定PHYレイヤパラメータと同様に、動作中のチャネルの変化、例えば、。 dot11OCBActivatedがtrueの場合、送信STAはワ​​イルドカードBSSID値(8.2.4.3.4を参照)BSSIDフィールドを設定します。

ベンダー固有のフレーム(8.5.6を参照)STAがBSSのコンテキスト外でデータフレームを通信する前に、管理情報を交換するための一つの手段を提供します。

4.3.10 High-throughput (HT) STA

IEEE802.11 HT STAは、MACデータサービスアクセスポイント(SAP)で測定された100 MB/ sと大きいのスループットをサポートすることができPHYとMAC機能を提供します。 HT STAサポートHTは、箇条9及び箇条20で識別しています。 5 GHz帯でHT STAオペレーティング句18で定義されている必須のPHY仕様に準拠しているフレームの送信および受信をサポートしています。 2.4GHz帯におけるHT STA動作する箇条17及び箇条19で定義されている必須のPHYの仕様に準拠したフレームの送信および受信をサポートしています。 HT STAはまた、QoSをSTAである。 HT機能は、BSSでHTのAPに関連付けられたHTのSTAが利用できます。 HT機能のサブセットは、同一のIBSSのメンバーである2のHTのSTA間で使用可能です。同様に、HT機能のサブセット(詳細は8.4.2.58を参照)ピアリングメッシュを確立した2つのHTのSTA間で使用可能です。

HT STAは変調成るとスキーム(MCS)をコーディングPHY機能を備えています20.3.5および物理層コンバージェンス手順(PLCP)プロトコルデータユニット(PPDU)20.1.4で説明形式で記載してください。空間多重化(SM)、空間マッピング(送信ビーム形成を含む)、時空間ブロック符号化(STBC)非HT STAからHT STAを識別するいくつかのPHY機能は、複数入力複数出力(MIMO)動作と呼ばれ;低密度パリティ検査(LDPC)符号化と、アンテナ選択(ASEL)。許可されたPPDUフォーマットは非HT形式、HT-混合形式、およびHT-グリーンフィールド形式です。のPPDUは、20 MHz以上40 MHzの帯域幅で送信することができる。

HT STAは、フレームアグリゲーション、いくつかのブロックAckの機能、パワーセーブmultipoll(PSMP)操作、逆方向(RD)、非HTのSTAとの共存をサポートする保護メカニズムを含むMAC機能を備えています。

4.3.3 STA membership in a BSS is dynamic

BSS内のSTAのメンバーシップは動的です(STAは、オン、オフ、範囲内に入ると、範囲外に行く)。インフラストラクチャBSSまたはIBSSのメンバーになるために、STAは、10.1.4.5に記載されて同期手順を使用し、BSSを結合します。新しいメッシュBSSを開始するには、メッシュBSSのメンバーになるために、STAは、ビーコンの送信を開始し、13.13で説明した同期保守手順を実行します。インフラストラクチャBSSのすべてのサービスを利用するために、STAは、"関連付け"となる。これらの関連付けは動的であり、4.4.3に記載されている配信システムサービス(DSS)の使用を含む。メッシュBSS(MBSS)には中央エンティティが存在しないようにメッシュSTAが関連付けられてはなりません。その代わり、他のメッシュのSTAとメッシュSTAピア。
IBSSは、IEEE802.11無線LANの中で最も基本的なタイプです。最小IEEE802.11無線LANは、2つのSTAからなっていてもよい。図4-1に示すのBSSは単純であり、他のコンポーネント(図4-2とは対照的に、これを)欠いているので、2は2 IBSSsを代表するために撮影することができます。

IEEE802.11 STAが直接通信することができる場合に、この動作モードが可能である。 IEEE802.11 LANこのタイプのはしばしば事前計画せずに形成されているので、LAN間のみが必要とされるように、この種の動作は、しばしばアドホックネットワークと呼ばれた。

4.3.1 General

IEEE802.11アーキテクチャは、上位層に透過的にSTAモビリティをサポートするWLANを提供するために相互作用する複数のコンポーネントで構成されています。

基本サービスセット(BSS)は、IEEE802.11無線LANの基本的なビルディングブロックである。図4-1は、BSSのメンバーである2つのSTAをそれぞれ有する2のBSSを示しています。

これは、BSSのメンバーSTAが通信に残ることがあり、その中のカバーエリアとしてBSSを表現するために使用される楕円を考えると便利です。 (地域の概念は、正確ではありませんが、多くの場合十分です。)この領域は、基本的なサービスエリア(BSA)と呼ばれています。 STAは、そのBSAの外に移動した場合、それはもはや直接BSA中に存在する他のSTAと通信することができる。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ