IEEE802.11:4.2 How WLAN systems are different

4.2.6 Interaction with non-IEEE-802 protocols

RSNAは、認証および鍵管理(AKM)サービスのための非IEEE-802プロトコルを利用しています。
これらのプロトコルの一部は、インターネット·エンジニアリング·タスク·フォース(IETF)のような他の標準化団体によって定義されている。
IEEE標準802.11は、上位層[論理リンク制御(LLC)]有線​​IEEE802 LANなどに表示されるように要求される。これは、IEEE802.11ネットワークは、MACサブレイヤ内でSTAの移動を処理する必要があります。信頼性の仮定を(LLCは、下位層について作ること)を満たすためには、MAC副層のために非伝統的な機能を組み込むためにIEEE標準802.11のために必要である。

堅牢なセキュリティネットワークアソシエーション(RSNA)で、IEEE標準802.11のデータフレームを保護するための機能を提供し、IEEE標準802.1X-2004は、認証と制御ポートを提供し、IEEE標準802.11およびIEEE規格802.1X-2004は、鍵管理を提供するために協力しています。 RSNAのすべてのSTAは、これらのサービスを処理し、対応するIEEE802.1Xエンティティを持っている。この規格は、RSNAは、これらのサービスにアクセスするためにIEEE標準802.1X-2004を利用する方法を定義します。

QoS要件でアプリケーションをサポートするために使用される場合、各IEEE802.11無線LANとの間で確立することができる、エンドツーエンドのQoS環境内でリンクを提供し、より高い層のエンティティによって管理される。他のIEEE802のLANに匹敵する方法でQoSトラフィックを処理するために、IEEE802.11のQoS機能は、IEEE802.11のMACサブレイヤは、MAC副層のための伝統的ではない機能を組み込む必要があります。で
特定の上位層の経営体が利用可能な帯域幅およびWLANの他のQoS特性が原因により頻繁に、時にはかなりの、動的な変更の対象であることを少なくとも理解の程度を "WLAN対応"であるために加えて、それが必要になる場合がありますネットワーク管理エンティティの直接制御外トラフィック負荷以外としています。

4.2.4 The impact of handling mobile STAs

IEEE802.11標準の要件の一つは、移動だけでなく、携帯型のSTAを処理する。ポータブルSTAは、場所から場所に移動され、それは、固定位置にある時に使用されるものである。モバイルSTAが実際に動いている間、LANにアクセスする。

技術的な理由のために、それは唯一のポータブルのSTAを処理するのに十分ではない。伝搬効果は、ポータブルとモバイルのSTAの間の区別をあいまい、静止STAがしばしば伝播効果による携帯電話のように見える。

モバイルSTAの別の態様は、それらがしばしばバッテリが電力を供給できることである。従って、電力管理が重要な考慮事項である。例えば、STAのレシーバは、常に電源が投入されると推測することはできない。

4.2.3 Media impact on design and performance

IEEE標準802.11で使用されるのPHYは有線媒体とは根本的に異なっている。したがって、IEEE802.11のPHY:
A)準拠PHYトランシーバとのSTAがネットワークフレームを受信することができないことが知られている外そのうち絶対も容易に観察も境界線を持っているメディアを使用して、
b)のメディアを共有している他の信号から保護されていない
c)は、有線のPHYよりも大幅に信頼性の低いメディアを介して通信
d)は、動的トポロジの有無
e)の完全な接続性を欠いているので、仮定は、通常、すべてのSTAがすべてのを聞くことができることを行っ
他のSTAが無効であること(すなわち、STAが互いに"隠れた"かもしれない)
f)は、時間変化および非対称伝搬特性を持ち
g)の領域を重ねて論理的にばらばらIEEE802.11ネットワーク動作からの干渉が発生する可能性があります

なぜなら無線PHYの範囲の制限のため、WLANは、合理的な地理的距離が基本的なカバレッジビルディングブロックから構築することがカバーすることを意図。QoSサービスを提供する場合、MACの努力は、上記で同定培地の特性の制限内でのQoS"サービス保証"を提供します。言い換えれば、特に無免許スペクトルに、真の保証はしばしば可能ではありません。ただし、サービスの階調は常に可能であり、かつ十分に制御された環境で、QoS保証が可能である。

4.2.2 Wireless station (STA)

有線LANの設計では暗黙的にアドレスが物理的な位置と同等であると仮定する。無線ネットワークでは、これは必ずしもそうではありません。 IEEE標準802.11で、アドレス可能単位は、ステーション(STA)です。
この用語は、メッセージの送信元および/または宛先の以上のものを意味しません。物理的および動作特性は、用語STAの前方に配置されている修飾子によって定義される。例えば、位置及び移動度の場合には、アドレス指定可能なユニットは、固定STA、携帯STA、およびモバイルSTAである。 STAは、メッセージの宛先ではなく、(一般に)固定された場所です。

STAは、複数の異なる特性を取るその機能を形作るそれぞれの可能性があります。たとえば、単一のアドレス可能なユニットが同時にポータブルSTA、サービス品質(QoS)をSTA、依存STA、そして隠されたSTAかもしれません。

4.2.1 Introduction

ワイヤレス·ネットワークは、従来の有線のLANから、それらを大幅に異なるように基本的な特性を持っています。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ