IEEE802.11:4. General description

4.11 Generic advertisement service (GAS)

GASは、目的のネットワークサービス、例えば、IBSSで提供などのサービス、ローカル·アクセス·サービス、利用可能なサブスクリプションサービスプロバイダ(SSP)、および/またはSSPNsまたはその他の外部ネットワークに関する情報に関連する情報の可用性を発見するためのSTAを有効に機能を提供します。 GASは、IEEE802.11ネットワーク上でのネットワークサービスの情報をアドバタイズするための一般的なコンテナを使用しています。公共アクションフレームは、この情報を転送するのに使用される。

ネットワークサービス情報の仕様は、この規格の範囲外ですが、彼らは無線LANに関連付ける前に、インフラストラクチャBSSで、AP越えSSPNsまたはその他の外部ネットワークで提供されるネットワークサービスの詳細については、クエリへのSTAが必要とされている。情報の交換はまた、BSSに関連付ける後に行ってもよい。

IBSS GAS機能でIBSS内の他のSTAが提供する必要なサービスに関連した可用性や情報にアクセスするためにSTAを可能にします。

preassociated状態でSTAに情報を提供することが有益である理由はいくつかあります:

- これは、関連付けるIEEE802.11インフラに関する意思より情報に基づいた意思決定をサポートしています。これは一般的な情報を発見してから、関連した滞在するかどうかを決定する前に、APと関連付けるために、非AP STAを必要とするよりも効率的です。
- 非AP STAは、並列に複数のネットワークを照会することが可能である。
- 非AP STAは、適切なSSPローミング契約を持っている別のIEEE802.11インフラに属するAPの選択を支援する、それが関連付けられているAPと同じ管理グループに属していないのAPに関する情報を発見することができます場所。

4.8 Differences between ESS and MBSS LANs

4.3.15では、MBSS LANの概念が導入されました。これは、STAが互いに範囲内にない場合でも、すべてのメッシュのSTAが直接MAC層で接続されているかのようにマルチホップ機能を使用して、それが表示されることが留意された。これは、互いの範囲内にない場合は、STAは通信できないIBSSネットワークと異なっている。

IBSS異なり、MBSSは、DSへのアクセス権を持っているかもしれません。 MBSSは、DSへの1つ以上のメッシュゲートを介して接続する。すべてのメッシュのSTAが直接MAC層で接続されているかのようにそれが現れるMBSSであるので、MBSSは、DSMとして使用することができる。 APは、ポータル、およびメッシュゲートはDSSを提供するために、DSMとしてMBSSを使用する場合があります。したがって、異なるインフラのBSSは、例えばESSを形成するMBSSにわたって団結することができます。

APは、それが形成インフラBSSを識別します。これは、そのような中央エンティティが存在しないMBSS異なっている。インフラのBSSがESSが必要したがって、DSが団結するのに対し、MBSSネットワークは、DSへのアクセスを必要とすることなく、LLC層に同じ表示されます。 MBSSは、DSへのアクセスを提供する一つ以上のメッシュゲートを有する場合は、MBSSが切り離された領域内に存在する可能性のある、まだ単一のネットワークを形成する。

4.7 Differences between ESS and IBSS LANs

4.3.2でIBSS LANの概念が導入されました。 IBSSネットワークでは、STAは、1つまたは複数の他のSTAと直接通信する。

図4-12に示されているように、完全なIEEE802.11のアーキテクチャを考えてみましょう。

IBSSは、直接接続されている無線局で構成されています。したがって唯一BSSは(定義により)がある。物理的なDSがないのでまた、何ポータルが存在しない、統合されたは、LAN、またはDSSの有線。論理的な絵は、図4-13を低減します。

最低限2つのSTAは、図4-13に示されている。 IBSSは、会員の任意の数を持っている可能性があります。 IBSS内にDSがないのでIBSSでのみクラス1およびクラス2フレームが許可されています。

IBSSに適用されるサービスはのSSです。 QoSはIBSSはEDCA機構を通じて得TXOPsを使用HCFでの動作をサポートしています。 EDCAを使用して、異なる優先順位を持つたMSDUの配信の制御分化が固定されているパラメータ。 QoSはIBSSはHCを持っていないとTXOP操作をポーリングし、TSPECの設定をサポートしていません。

IBSS内の各STAは、独自のセキュリティポリシーを適用します。 ESSでは、APはすべてのSTAにわたって均一なセキュリティ·ポリシーを強制することができます。

4.6 Multiple logical address spaces

IEEE 802.11アーキテクチャは、WM、DSM、および統合有線LANはすべて異なる物理媒体とすることができるという可能性を可能にするのと同様に、それはまた、これらの各コンポーネントは、異なるアドレス空間内で動作する可能性を可能にする。 IEEE標準802.11でのみ使用し、WMのアドレス空間の使用を指定します。

各IEEE 802.11 PHYは単一メディア-WMで動作します。 IEEE 802.11 MACは、単一のアドレス空間で動作します。 MACアドレスは、IEEE 802.11アーキテクチャにおいてWMで使用されている。そのため、明示的にそのアドレスがあることを指定するための標準的には不要である "WMアドレス。"これは、この標準を通して想定されます。

IEEE標準802.11(8.2.4.3.2を参照)IEEE 802 48ビットアドレス空間を使用することを選択した。したがって、IEEE 802.11のアドレスは、IEEE 802 LANファミリで使用されるアドレス空間と互換性があります。

アドレス空間のIEEE 802.11選択は、IEEE 802.11建築の多くのインスタンス化のために、有線LANのMACアドレス空間とIEEE 802.11 MACアドレス空間が同じであってもよいことを意味する。アドレッシングMACレベルIEEE 802を使用してDSが適切であるような状況において、システム内で使用される論理アドレス空間の3つすべてが同一であってもよい。これが一般的なケースですが、それはアーキテクチャによって許可された唯一の組み合わせではありません。 IEEE 802.11アーキテクチャが異なるように、すべての3つの論理アドレス空間を可能にします。

複数のアドレス空間の例では、DSの実装では、ネットワーク層アドレス指定を使用するものである。この場合、WMアドレス空間とDSアドレス空間が異なるだろう。

シングルESSシェア内IEEE 802.11のSTA同じアドレス空間は、DSの定義から透明性の要件を満たすことに注意してください。 DSSはさらにDSMは、異なるアドレス空間を使用する場合には、これと同じアドレス空間を使用する。

複数の論理メディアやアドレス空間を処理するためのアーキテクチャの能力は、DSの実装に依存すべきIEEE標準802.11の能力及びネットワーク層モビリティアプローチできれいにインターフェイスするための鍵である。 DSの実装では、不特定であり、この標準の範囲を超えています。

4.1 General description of the architecture

この句は、この規格の中で使用される概念と用語を紹介します。特定の用語が3項に定義されています。イラストは、キーIEEE802.11概念とアーキテクチャコンポーネントの相互関係を伝える。IEEE標準802.11は、IEEE802.11無線LANの機能コンポーネントを記述するためのアーキテクチャを使用しています。建築の説明は、IEEE標準802.11のいかなる特定の物理的な実装を表すことを意図するものではない。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ