5.2.2.4 Effect of receipt

このプリミティブを受信すると、 MACサブレイヤのエンティティは、要求されたパラメータに従って、要求を満たすことができるか否かを判定する。要求されたパラメータに応じて満たすことができない要求は破棄され、このアクションは、MACが要求を満たすことができなかった理由を説明しているMA- UNITDATASTATUS.indicationプリミティブを使用してのLLC副層エンティティに表示されます。要求は要求されたパラメータに応じて満たすことができる場合、MAC副層エンティティが追加指定されたすべてのMACフィールド( DA 、 SA、 FCS 、およびIEEE標準802.11に固有のすべてのフィールドを含む) 、下位層に適切にフォーマットされたフレームを渡すピアMACサブレイヤ·エンティティ( 5.1.4を参照) 、そして成功に設定し送信状態でMA- UNITDATA - STATUS.indicationプリミティブを使用してのLLC副層エンティティに、このアクションを示していますへの転送のために。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPで真である、 MA- UNITDATA.requestプリミティブ持つ個別にアドレス宛先アドレスの受信と競合またはContentionFreeの優先順位により、 APのMACサブレイヤはレートがでdot11NonAPStationMaxAuthBestEffortRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならないdot11InterworkingEntryは、送信するフレームの宛先MACアドレスによって識別される。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。

- メカニズムを制限速度がフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBestEffort - MSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- 率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBestEffort - MSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPで優先度が0〜7 、以下の範囲内の整数であるためにMA- UNITDATA.requestプリミティブ持つ個別にアドレス宛先アドレスの受信時に、真である場合、 APのMACサブレイヤは導出しなければならない表9-1にマッピングを使用して、優先順位からカテゴリにアクセスします。 APのMACサブレイヤは、送信するフレームの宛先MACアドレスによって識別dot11InterworkingEntryより次のMIB変数を取得し、次の操作を実行しなければならない。

- アクセスカテゴリがAC_VOであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthVoiceRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。速度制限機構がフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationVoiceMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationVoiceOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedVoiceMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedVoiceOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリはAC_VIであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthVideoRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationVideoMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationVideoOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedVideoMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedVideoOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリがAC_BEであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthBestEffortRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBestEffortMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBestEffortMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBestEffortOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- アクセスカテゴリがAC_BKであれば、 APのMACサブレイヤは率がdot11NonAPStationMaxAuthBackgroundRateにおけるリソース使用率の制限を強制するために制限を実行しなければならない。レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。律速機構はフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationBackgroundMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationBackgroundOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。率は機構破棄フレームを制限している場合、 dot11NonAPStationDroppedBackgroundMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedBackgroundOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。

dot11SSPNInterfaceActivatedいるAPの優先度8〜15 、以下の範囲内の整数であるMA- UNITDATA.request持つプリミティブ個別にアドレス宛先アドレスの受信時に、真である場合、 APのMACサブレイヤはレートが制限を実行しなければならないdot11NonAPStationAuthMaxHCCAHEMMRateにおけるリソース使用率の制限を強制する、レート制限を実行するための具体的なメカニズムはこの仕様の範囲外である。

- レート制限メカニズムがフレームを破棄しない場合は、 dot11NonAPStationHCCAHEMMMSDUCountは1ずつ増加するものとし、 dot11NonAPStationHCCAHEMMOctetCountはMSDUのオクテット数だけ増分されなければならない。
- 機構破棄フレームレート制限は、次にdot11NonAPStationDroppedHCCAHEMMMSDUCountを1ずつインクリメントされなければならないとdot11NonAPStationDroppedHCCAHEMMOctetCountがMSDUのオクテット数だけインクリメントされなければならない場合。

5.2.2.3 When generated

MSDUは、ピアLLCサブレイヤ·エンティティに転送する際にこのプリミティブは、LLCサブレイヤのエンティティによって生成される。

5.2.2.2 Semantics of the service primitive

プリミティブのパラメータは次のとおりです。

MA-UNITDATA.request(
source address,
destination address,
routing information,
data,
priority,
service class
)

送信元アドレス(SA)パラメータは、MSDUが転送され、そこからサブレイヤエンティティの個々のMACサブレイヤアドレスを指定する。

宛先アドレス(DA)のパラメータは、個人またはグループのMAC副層エンティティアドレスのいずれかを指定します。

ルーティング情報パラメータは、データ転送(null値がソースルーティングを使用しないであることを示す)が、所望の経路を指定する。 IEEE標準802.11の場合は、ルーティング情報パラメータはnullでなければならない。

データパラメータは、MACサブレイヤのエンティティによって送信するMSDUを指定する。 IEEE標準802.11の場合は、MSDUの長さより小さいか2304の八重奏と等しいものでなければならない。

優先度パラメータは、データ転送部に対して所望の優先順位を指定する。優先度の許容値は、5.1.1.4で説明されています。

サービス·クラス·パラメータは、データ転送部に対して所望のサービスクラスを指定する。サービスクラスの許容値は、5.1.1.5および5.1.3で説明されています。

5.2.2.1 Function

単一ピアLLC副層エンティティ、またはグループアドレスの場合で複数のピアのLLC副層エンティティに対してローカルのLLC副層エンティティからMSDUのこの原始的な要求が転送。

5.2.1 General

1998:IEEE802.11 MACは、ISO/ IEC8802-2で定義されている以下のサービスプリミティブをサポートしています。

- MA-UNITDATA.request
- MA-UNITDATA.indication
- MA-UNITDATA-STATUS.indication

プリミティブとIEEE標準802.11によって課さ特定のパラメータ値の制限のLLCの定義は5.2.2に5.2.4に記載されている。

5.1.5 MAC data service architecture

MACデータプレーンアーキテクチャ(すなわち、全部又は一部のMSDUの輸送を伴うプロセス)図5-1に示されている。 MSDU率が集約MSDU(A-MSDU)凝集、パワーセーブモード、シーケンス番号の割り当て、断片化、暗号化、完全性保護、フレームフォーマット中にフレーム送達延期、限定的な送信中に、MSDUは、以下の処理の一部または全部を通過および集約MACプロトコルデータユニット(A-MPDU)アグリゲーション。 IEEE標準802.1X-2004は、制御ポートでMSDUをブロックすることがあります。ある時点で、MSDUの全部または一部を含むデータフレームは、AC/ TSごとにキューイングされる。

受信時は、受信したデータフレームは、可能なA-MPDU脱凝集、MPDUヘッダおよび巡回冗長符号(CRC)の検証、重複除去可能な並べ換えブロックAckの機構が使用される場合、復号化、デフラグ、完全性検査、および再生の処理を通過する検出。可能な再生検出(又はセキュリティが使用されていない場合の最適化)、-MSDU脱凝集、および可能MSDUのレート制限した後、一又は複数のMSDUは、MAC_SAPまたはDSに送達される。制御ポートが有効になっていない場合、IEEE802.1X非制御/制御ポートは、受信したMSDUを破棄し、MSDUは、IEEE802.1Xフレームを表していない場合。強化されたデータの暗号化、カプセル化メカニズムによって設けたフレームの注文執行は、復号化後に、しかし前MSDUのデフラグに発生します。のMPDUが故障して到着する場合、したがって、デフラグは失敗します。

5.1.4 MSDU format

この規格は、LAN規格のIEEE802ファミリーの一部であり、そのようなすべてのMSDUがあるとして、ISO/ IEC8802-2で定義されているLLCは、PDUは:1998。相互運用性を達成するために、実装者は、(選択変換テーブルと一緒に、ISO / IEC11802-5:1997テクニカルレポート(E)(以前はIEEE規格802.1H-1997[B21]とも呼ばれる)に記載されている手順を適用することをお勧めしますまたはLANのからのMSDUを通過またはイーサネット·フレーム·フォーマットを使用してシステム·コンポーネントを操作する際に必要な操作に特に注意して、いくつかの特定のネットワークプロトコルを処理するSTT)。このような翻訳がSTAに必要となる場合がありますので注意してください。

5.1.3 MSDU ordering

特定のケースでのMACサブレイヤの許可が提供するサービス、そして5月には、たMSDUの並べ替えが必要になります。

非QoSのSTAで、MACは意図的に指定した受信者STA (S)の現在の操作( "パワーマネジメント、 " FMS 、 DMS)モードに基づいて成功した配信の可能性を改善する必要があるかもしれないとして除いたMSDUの順序を変更しない。この並べ替え(もしあれば)の唯一の効果は、任意の単一のSTAのMACサービスインターフェイスで受信されたMSDUのセットのために、単一のソースから発信され、個別に対処されたMSDUに相対たMSDU取り組むグループの配信順序の変化、あるSTAアドレス。データサービスを使用して、より高い層のプロトコルは、このリオーダリングが可能に耐えることができない場合は、任意のStrictlyOrderedサービス·クラスが使用されるべきである。 StrictlyOrderedサービスクラスを使用して無線局の任意のペアの間で転送されたMSDUはReorderableGroupAddressedサービスクラスを使用する場合に可能である相対的な並べ替えの対象にはなりません。しかし、のMSDUを受信するための欲求がSTAにStrictlyOrderedサービス·クラスを使用して送信されたSTAにおけるMAC電力管理機能の同時使用を妨げる。

BSSで動作したQoSのSTAで、 QoSAckとQoSNoAckとして指定された2つのサービスクラスは、 (詳細については5.1.1.5を参照)があります。 MSDUが、指定された受信者STA (複数可)の現在の動作モードに基づいて成功した配信の可能性を向上させるためだけでなく、並べ替えられるだけでなく、個々のMA- UNITDATA.requestプリミティブで指定された優先度パラメータを、称えるためにたMSDU 。任意の単一のSTAのMACサービスインターフェイスで受信されたMSDUのセットについては、この並べ替えの効果は(もしあれば) 、以下のとおりです。

イ)グループの配信順序の変更は、個別に対処されたMSDUに相対たMSDU対処
b)は異なるTID値を持つたMSDUの並べ替え、単一のソースSTAアドレスから発信され、
c)は、グループの並べ替えは同じTIDが、異なるサービスクラスでのMSDUを取り上げた。

そこに同じTID値を個別にアドレスされたMSDUのない並べ替えすることなく、同一の宛先に宛てたものとします。

非QoSのBSSで動作STAが並べ替えは、非QoSのSTA用に定義された規則に従わなければならない。

正常に動作するMACためには、 DSは、 ISO / IEC 15802-1:1995の要件を満たす必要がある。

たMSDUの適切な順序を提供し、運用制限は9.8で指定されます。

5.1.2 Security services

IEEE標準802.11のセキュリティサービスは、認証サービスとCCMPとBIPメカニズムによって提供されています。提供するセキュリティサービスの範囲は、ステーション間のデータと堅牢な管理フレーム送信に限られている。 CCMPが使用される場合、データの機密性サービスは、データフレームに設けられ、個別に堅牢な管理フレームをアドレス指定される。この規格の目的のために、CCMPは、参照モデル、図4-14(4.9)に示すように、MAC副層内に位置する論理サービスと見なされている。 CCMPの実際の実装では、LLCおよびMACサブレイヤ上記他の層に対して透過的です。

IEEE標準802.11でCCMPが提供するセキュリティサービスは次のとおりです。

A)データの機密性;
b)の認証、および
レイヤ管理と連動してc)のアクセス制御。

BIPは、メッセージの整合性と堅牢な管理フレームを対処グループのアクセス制御を提供します。

認証交換の間に、両当事者交換認証情報は、箇条11及び箇条12に記載。

CCMPとBIPが提供するMAC副層のセキュリティサービスは、nonlayer-2の管理やシステムのエンティティからの情報に依存しています。管理エンティティは、MACサブレイヤ管理エンティティ(MLME)インターフェイスとMIB属性のセットを介してCCMP及びBIPに情報を伝える、特に、11.8で定義されたCCMP及びBIPための決定木は、MIB属性によって駆動される。

機密性、認証、アクセス制御のためのWEPの使用が推奨されていません。 WEPアルゴリズムは、この規格の目的のために不適当である。

TKIPの使用が推奨されていません。 TKIPアルゴリズムは、この規格の目的のために不適当である。

管理フレーム保護と関連付けられているSTAはペアワイズ暗号スイートセレクタWEP-40、WEP-104、TKIP、または使用してはならないENABLED"グループ暗号スイートを使用する。"

trueにdot11MeshSecurityActivated等しいとメッシュSTAはペア暗号スイートセレクタWEP-40、WEP-104、またはTKIPを使用してはならない。
QoSの無線局では、MACサービスプリミティブ(5.2参照)内のサービス·クラス·パラメータの値がQoSAck又はQoSNoAckの整数以外の値であってもよい。

MSDUはMAC_SAPから受信者と受信者のSTAはに設定されたサービスクラスにQoSをSTAであるされている場合

- QoSAck、MSDUはQoSデータどちらノーマルACK(正常応答)を設定されたQoS制御フィールドにAckをポリシーサブフィールドを持つフレームまたはブロックACKを使用して送信されます。
- QoSNoAck、MSDUはどんなACKに設定されたQoS制御フィールドにAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレーム(無承認)を使用して送信されます。送信側STAがAPに含まれているとフレームDA基を有する場合には、MSDUは、送信のためにバッファリングされ、またDSに送られる。

MSDUがMAC_SAPから受信したSTAと受信者がQoS STAでないされると、MSDUは、非QoSデータフレームを用いて送信される。

QoSデータフレームは、別のSTAから受信すると、MA-UNITDATA.indicationプリミティブのサービスクラス·パラメータは次のように設定されている

- QoSAck、フレームがノーマルACKまたはブロックAckのいずれかに等しいQoS制御フィールドのAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレームである場合。
- QoSNoAck、フレームはありませんAckのに等しいQoS制御フィールドのAckをポリシーサブフィールドとQoSデータフレームである場合。 DAパラメータはグループアドレスである場合、このサービス·クラスにも使用される。

非QoSデータフレームをSTAから受信すると、MA-UNITDATA.indicationプリミティブのサービスクラス·パラメータは次のように設定されている

- QoSAck、フレームが個別にアドレスフレームですとSTAによって確認された場合。
- QoSNoAckは、フレームがある場合は、グループは、フレームに対処し、STAによって確認されていません。

グループは非QoSのSTAによって送信されたフレームを扱っていることに注意がMA-UNITDATA.indicationプリミティブにおけるサービスクラスパラメータの値にかかわらず認められていません。

IEEE802.11 カテゴリー

ウェブページ